株価暴落、テロ速報...ロボットジャーナリズムは記者より優秀?

株価暴落、テロ速報...ロボットジャーナリズムは記者より優秀?

Written by 河鐘基

Posted date:2016.06.25

ロボットジャーナリズム_フォルクスワーゲン
photo by imgur.com

 2015年、自動車業界はある事件で騒然となった。フォルクスワーゲンの排ガス不正問題だ。この事件が報道された後、フォルクスワーゲンの株価は暴落したが、データマイナー(Dataminr)と呼ばれる会社の顧客は事態を事前に把握。フォルクスワーゲンの株式を売り損害を被らなかった。この事件がメディアを通じて大々的に報道される3日前、データマイナーはビッグデータ分析を通じて、フォルクスワーゲンの排ガス不正問題を記事にし顧客に知らせたのだった。

 データマイナーは、今年3月に発生したベルギー・ブリュッセルテロの際も、ニュース速報よりも10分早く顧客に事実を知らせた。ビッグデータ分析を土台としたロボットアルゴリズムを採用していたため可能なことだった。

 ロボットジャーナリズムとは、その名の通り、ロボットとジャーナリズムという単語をかけ合わせた造語。コンピュータがソフトウェアやアルゴリズムに基づき、記事を作成することを意味する。

 データマイナーは、Twitterと公式パートナーシップを締結。ツイートの内容をもとに、速報や重要な情報トレンドを顧客に提供している。 1日4億以上のツイートを分析して、そのうち異常な活動や重要な意思決定を下さなければならない事案などを、利用者に迅速に知らせるのだ。

 米国ではすでに、主要メディアがロボットのアルゴリズムを積極的に活用し、高速かつ膨大に生成されるデータを分類・整理し記事として配信している。 LAタイムズやロイター、AP通信などではすでに、速報記事や簡単なニュースはロボットが作成している。

 LAタイムズは、ロサンゼルスとその周辺で発生する地震関連情報を自動的に収集し、整理するためにクエイクボット(Quakebot)と呼ばれるソフトウェアを利用している。一方、スタッツモンキー(Stats Monkey)は、米国の野球地域リーグのニュースを自動的に生成している。一方、英ガーディアンは、ロボットが編集した週刊誌を発行。オートメイティッドインサイト(Automated Insights)という企業は、ワード・スミスというロボット記事作成サービスを報道機関に提供する。

1 2

参照
fortune.com
kisti
chosun.com