自律走行型搬送ロボット(AMR)の安全性懸念が議論に...欧州識者「メーカー・SI・ユーザーの協力が重要」

ロボティア編集部
ロボティア編集部
Photo by Roboteer

物流倉庫や組立生産工場など現場を中心に自律走行型搬送ロボット(AMR)が普及・拡散している。そんななか、AMRの安全性に関する問題が大きな懸案事項として議論され始めている。というのも、これまでの産業用ロボットとは異なり、AMRやAGVは人間の作業者と協働することになる。自律走行型搬送ロボットには基本的に、障害物を避ける技術が搭載されているものの、導入初期段階では人間の作業者側はその安全性を疑ってみざるをえないからだ。

デンマーク移動ロボット専門企業・MiRの北米地域副社長であるエド・モルレン(Ed Mullen氏は、メディアに寄稿文を掲載している。彼はモバイルロボットが現場で安全に動作するためには、ロボットメーカー、システム・インテグレータ(SI)、エンドユーザーが互いに責任を持ち、協力していかなければならないと強調した。ロボットメーカーの安全基準のみを鵜呑みにする都、職場の安全を守ることができないという意味である。

経営陣は移動型ロボットの導入前、作業者の安全性の問題を真剣に議論する必要があるとする。センサー、ソフトウェアアルゴリズム、人工知能などは、移動型ロボット設置時に、作業者の安全を確保するための重要な要因となるため、その特徴を丁寧に確認すべしという指摘だ。

欧州では現在、「EN 1525:1997」という規格が、AMRの分野で最も多く適用されているとエド氏。この安全基準は、AGVだけでなく、「AGVシステム」にも適用される。AGVシステムとは、システム・インテグレータが実際の作業環境に合わせてロボットをプログラミングしたり、ロボットとワークスペースを新たに設計する作業や、モバイルロボット、充電ステーション、AMRのモノを積載する上部部分「トップモジュール」、作業環境、周辺装置などを包括する概念である。

EN 1525に続き、今年1月中に「ISO / FDIS 3691-4」という規格が発表される予定である。 「ISO / FDIS 3691-4」はAMRが即時に走行ルートを変えなければならするときに適用される安全性の懸念を扱う。人や障害物に接触しそうになった際、自律走行型ロボットはすぐに経路をリセットする必要があるが、その時に安全性の問題が浮上することがある。新しい規格は、モバイルロボットの製造および依頼、環境、ワークスペースの設計等に関する要件を詳細に規定するものと予想される。

米国の場合、「国立標準研究所(American National Standards Institute)/産業用トラックの標準開発財団(Industrial Truck Standards Development Foundation)」がEN 1525と類似した「5-2012」という安全基準を策定・運営している。