米企業がサービス提供…倉庫用ロボットはレンタルが合理的!?

米企業がサービス提供…倉庫用ロボットはレンタルが合理的!?

Written by Pocca

Posted date:2016.08.26

倉庫用ロボット_inviarobotics
photo by Invia Robotics

 物流業界は、低賃金や過酷な労働環境のせいで人手不足が深刻化し、厳しい経営環境にある。一方、受発注から配送、保管方法や在庫状況の把握など、あらゆる作業において、効率化、迅速化を日々求められている。 

 そんな実情を背景にして、従来のシステムに革新が起こりつつある。例えば、米ロサンゼルスに拠点を構えるスタートアップ企業「インビアロボティクス(InVia Robotics)」が、物流倉庫用ロボットを公開した。 

 公開されたロボットはふたつのロボット。はさみ型のリフトで商品を取ってくるロボット「グラビット(GrabIt)」と、物をベルトコンベアや包装作業台まで移動させるロボット「トランジット(TransIt)」だ。 

 どちらもロボット本体はキャスターで移動する。まず、「グラビット」が棚の高さに合わせてはさみ型リフトを調節しながら、棚にある商品を吸着パッドで吸いよせる。この吸着パッドは、最大約14キロまで吸い寄せることができる。吸着パッドによって取り出された商品は、そのままグレビットのリフトにのせられ、フロア内を移動する。それをさらに「トランジット」が受け取り、包装作業をする作業台やベルトコンベアまで運んでくれるという仕組みである。 

 インビア社はでは、このロボットを使った画期的なサービスを導入している。ロボットを購入せずとも物流倉庫を自動化できるように、レンタルサービスを提供しているのだ。自動化にかかるコストや、管理における手間などをケアしながら、中小企業が大手企業に太刀打ちできるようにするためである。 

 同社はレンタルサービスの強みをいくつか説明している。まず、もとの物流倉庫の棚や床スペースを変更せずにそのまま使用できるという点。結果、倉庫の改修や機器の購入など、設備投資にともなう多額の費用がかからない。 

1 2