フェイクニュースも排除! ロイターの新型ロボット記者は「情報追跡型」...テストでニュースの7割カバー

フェイクニュースも排除! ロイターの新型ロボット記者は「情報追跡型」...テストでニュースの7割カバー

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2018.01.08
Photo by arxiv.org

AP通信の「ワード・スミス」は、企業業績の記事を書くロボット記者だ。人間の記者が作成可能な記事数が四半期あたり300なのに比べ、ワード・スミスは4000以上の記事を作成することができる。そのように、人工知能を搭載したロボットが人間に代わって記事を書くプロジェクトが増え始めているが、限界点も指摘されてきた。それは単純なストレート記事しか作成できず、テーマを選んだり、現象を解析することができないというものだ。しかし、そのような限界は徐々に突破されていくかもしれない。

最近、ロイターの研究チームが発表した報告書「Reuters Tracer: Toward Automated News Production Using Large Scale Social Media Data」は、「インターネットの出現、そしてそれに伴う情報量の増加によって、(人間の)記者は正確かつ迅速にニュースを配信することがますます難しくなっている」と困難を吐露する文章から始まり、次いで、人工知能を使って速報を自動化するシステム「ロイター・トレーサー(Reuters Tracer)」を実験中だと言及した。これは、ロイター研究チームと中国アリババグループがともに開発を進めるロボット記者で、ソーシャルメディアを利用した一種の“情報追跡システム”となる。

従来のロボット記者は、特定の形式に沿って数字だけを入れ替え新たなニュース(地震やスポーツ速報など)としてきたが、ロイター・トレーサーはそれらとは機能が異なり、自ら問題を探しだす“能動性”を持つ。より具体的には、データマイニングと機械学習で関連性の高いテーマを選択し、優先順位を決めた後、タイトルとサマリーを付け記事を作成する。

ロボット記者や人工知能が自らテーマを選択するという事例はこれまで考えられぬことだったが、一体、どのような仕組みなのだろうか。

1 2