siriの成長はいかに!?加熱する人工知能アシスタント競争

siriの成長はいかに!?加熱する人工知能アシスタント競争

Written by Pocca

Posted date:2016.09.19


人工知能アシスタント_siri

photo by apple HP


 先日ついに発表された、iPhone7。開発したアップル社はその特徴として、音声エージェントサービス「siri(シリ)」と簡単に連動できるという点を強調。いま再び、音声アシスト市場に注目が集まっている。

 アップル社のティム・クックCEOは最近、ワシントン・ポストとのインタビューで「言うなれば、siriはiPhoneの未来であり、我々は今後も人工知能技術向上のために注力していく」と話している。

 アップルは13日に披露した最新のOS「iOS10」でも、音声アシストであるsiriと、他のアプリサービスを簡単に連動できるようにした。例えば、ユーザーがsiriに「5分遅れると伝えて」と話すと、相手のチャットウィンドウに「5分遅れます」とメッセージが送信されるような形だ。

 アップルはアップルコンピュータ用OS「シエラ」にもsiriを搭載。siriはこれまでiPhoneやiPadなどで主に利用されてきたが、今後はmacコンピューターでも使用可能になるようだ。

 これまでアップルは、2011年にsiriを搭載して以降、断続的にグレードアップを行ってきた。最近はスケジュール管理だけでなく、音声認識精度の改善と、ユーザーの生活習慣を学習し、状況に合う情報を提供したり、機能を動作させるレベルにまで発展した。

 このように、人工知能(AI)技術を基にした音声アシストサービス市場は、急成長をとげている。経済専門紙フィナンシャル・タイムズ(TheFinancial Times)によると、音声アシストの市場規模は2024年には80億ドル(約8163億円)となり、今年2016年比で10倍も大きくなるものと見込まれている。

 グローバルIT企業各社がこぞって、続々と関連技術をグレードアップするのもこのためだ。LG経済研究院の李承勲(イ・スンフン)責任研究員は「人工知能プラットフォーム競争では、先取り効果が大きく作用する可能性が高いとみられている。よって、もともと市場に進出していながら、先に開発した企業が絶対的に有利だ」としている。

 一方、昨年AI(人工知能)搭載のパーソナルアシスタント「アレクサ(Alexa)」を公開したアマゾンも、人工知能技術開発を続けてきた。 アレクサは情報検索からアマゾンショッピングモールを通じた商品を注文、決済にいたるまで多様な機能を遂行する。アマゾンはこの6月に、アレクサで利用可能なサービスが、1000種を超えたと発表している。

1 2