AIが独創的な絵を描く!!...GANを超える「敵対的創造ネットワーク(CAN)」を活用

AIが独創的な絵を描く!!...GANを超える「敵対的創造ネットワーク(CAN)」を活用

Written by 河鐘基

Posted date:2017.07.18

Photo by Rutgers university(CANが生成したアート作品)

 ディープラーニング、およびディープニューラルネットワーク(Deep Neural Networks、DNN)がアートを学び、高水準な作品を量産しはじめているとの話題が報じられた。

 機械学習=マシンラーニング(machine learning)のひとつに含まれるディープニューラルネットワークは、人の脳のように微細に繋がれた複数の仮想神経によって、様々なデータを追跡・分析。独自の判断基準を築いたり、新しいデータを生成する技術だ。

 そのディープニューラルネットワーク技術が、現在、アート分野に適用されつつある。例えば、米ニュージャージー州ラトガース大学の「アート&人工知能研究所(Art&Artificial Intelligence Lab)」は、ディープニューラルネットワーク技術を活用し、画家のように絵を描くアルゴリズムを開発。実際にアート作品を制作し披露している。

 同研究所で創作された作品は、最近、米ジョージア州アトランタで開催された「コンピュータ創造性国際会議(International Conference on Computational Creativity)」の期間中に、一般来場者に紹介され好評を得た。

 研究所側は報告書で「科学者が人工知能を活用しアート作品を制作しており、最近では著名作家と比較して大差ない高レベルな作品をリリースしている」と説明している。

 現在、研究所が使用しているAI=ディープニューラルネットワークは、「敵対的生成ネットワーク(Generative Adversarial Networks、以下GAN)」というディープラーニングアルゴリズムを改良したものだ。名称としてはGANと区別され、「敵対的創造ネットワーク(Creative Adversarial Networks、以下、CAN)」と呼ばれている。

【関連記事】>>>人工知能の注目トレンド「GAN:敵対的生成ネットワーク」とは
【関連記事】>>>次世代AI技術「敵対的生成ネットワーク(GAN)」研究第一人者が語った衝撃の成果

 同AIは、これまでアーティストたちが描いてきた絵画のスタイル(paingting style)、点描(Pointillism)、カラーフィールド(Color Field)フォーヴィスム(Fauvism)、抽象表現主義(Abstract Expressionism)などを習得していると明かされている。すでに1119人の画家が描いた8万1449点の作品スタイルなどを学習・習得済みだという。研究所側は「教材として使用した作品は、WikiArtを通じて一般に公開された著名なもの」と説明を付け加えている。

1 2 3

参照
news.artnet.com
digihumanlab