マイクロソフトの相次ぐ買収劇、狙いはAIアシスタントの強化か

マイクロソフトの相次ぐ買収劇、狙いはAIアシスタントの強化か


Posted date:2016.06.17


ワンド_マイクロソフト_wand_microsoft

photo by wandlabs.com


 マイクロソフトがチャットアプリ・ワンド(Wand)を開発したワンドラボ(Wand Labs)を買収したことが、6月16日に発表された。これは人工知能技術(AI)をベースにした、パーソナルアシスタントサービス(秘書サービス=スマートエージェント)を開発するための一手だと分析されている。

 マイクロソフトは先日、ビジネスに特化したSNS・リンクドイン(Linked-in)を同社過去最大規模となる2.8兆円で買収するとした。その後、わずか1週間足らず。新たな買収の報せとなった。

 なぜマイクロソフトは、SNSやチャットサービスなど、ソーシャルプラットフォームを持つ企業、また人口知能やAI botを開発する企業の買収に力を入れているのだろうか。

 これまでのネット検索では、検索エンジンに単語を打ち込むというのが一般的だった。ただ今後は、人工知能が搭載されたにパーソナルアシスタントと会話する形式が普及すると予想されている。ユーザーがスマートフォンに向かって質問し、音声を認識する人工知能がそれに答えるというものだ。結果、新時代におけるITサービスの収益源は、検索エンジンをベースにした広告収入から、パーソナルアシスタントを通じたものに移行する可能性がある。

 マイクロソフトはSNSやメッセンジャーなど、オンラインプラットフォーム市場で競合他社に遅れを取ってきた。海外主要メディアおよび専門家たちは、マイクロソフトが、買収したプラットフォームから提供される情報に基づき、パーソナル人工知能サービスの開発に注力しようとしているのではないかと分析している。

 もしそうだとすれば、その動きはグーグルやフェイスブック、Appleなど、大手IT企業が進もうとしている方向に酷似している。言い換えれば、膨大なユーザー情報を人工知能に学習させた後、カスタマイズされた検索、広告配信サービスを提供することで収益を最大化しようというものだ。

1 2

参照
fastcompany.com
recode.net
cnet.com