中国シャオミ製品にNAVERのAIアシスタント「CLOVA」搭載...協業契約締結

中国シャオミ製品にNAVERのAIアシスタント「CLOVA」搭載...協業契約締結

Posted date:2018.02.10
Photo by NAVER

韓国IT大手・NAVERの人工知能プラットフォーム「クローバ(Clova)」が、中国スマホメーカー・シャオミ(小米科技)の製品にも搭載される見通しだ。

NAVERは2月7日、シャオミおよび同社の国内販売代理店・ヨウミと、AI分野における戦略的業務協約を締結したと発表した。AVERのAIプラットフォーム・クローバと、シャオミの連携が主な内容となる。今回の合意で、NAVERはシャオミ製品にも自社AIプラットフォームを広げることになった。一例では、シャオミのIoT機器に、クローバの音声認識技術が活用される。ヨウミは、両社の円滑な協力のために役割を果たしていく計画である。

NAVERは自社AIプラットフォームの拡大に注力している。現在、自社AIスピーカー「ウェーブ」「フレンズ」だけでなく、LG電子、LGテレコムなど、様々な製品パートナーと契約を結んでおり、また「配達の民族」(EC出前サービス)などとも連携を深めている。去る5日には、検索を担当する部署とAIプラットフォーム関連部署を「サーチ・アンド・クローバ」という組織に統合した。今後、人工知能技術を適用した検索サービスの高度化に本格的に乗り出すと予想されている。

NAVERのチェ・インヒョク総括副社長は、今回の提携について「シャオミ-ヨウミとの連携で、クローバを通じたIoT環境をさらに拡大できるようになった(中略)クローバがユーザーの日常生活に新しい経験を提供できるよう、様々なパートナーと協力関係を強化していく」とした。

一方、シャオミのグローバル戦略担当副社長フン・チュオしは、「今後、韓国市場で発売するすべてのシャオミ製品を、NAVERのAIプラットフォームを通じて利用できるようすることで、弊社製品をより身近かつ便利に提供する足場をつくれた(中略)人工知能技術の面でも両社が協力し、新しいIoT環境構築の先頭に立つ」とコメントを寄せている。

関連記事