サムスンがAIプラットフォーム企業VIV Labs買収…競争力強化へ

サムスンがAIプラットフォーム企業VIV Labs買収…競争力強化へ

Written by 河鐘基

Posted date:2016.10.09


人工知能プラットフォーム_ヴィヴ・ラボ_サムスン

photo by VIV labs


 サムスン電子がアメリカ・シリコンバレーに拠点を構える人工知能(AI)プラットフォーム開発企業ヴィブ・ラボ(VIV Labs)を買収すると6日、明らかにした。ヴィブ・ラボは、Appleの人工知能アシスタント・シリ(Siri)を開発した人物たちが、Appleを離れ、新たに開発するために2012年に設立した企業だ。

 サムスン電子がヴィブ・ラボを買収するのは、グローバルIT企業間の人工知能技術競争で主導権を失わないためと見られている。また、すべての機器とサービスがひとつに接続される人工知能ベースのオープンな生態系を整えることも狙いと見られている。スマートフォンだけでなく、TV、冷蔵庫、洗濯機など家電製品、今後普及するモノのインターネット(IoT)機器にも大画面および音声認識インターフェースを採用して、単一の人工知能システムを形成する計画だろう。

 また最近では、アマゾンエコー、Googleホームなど人工知能技術をベースにしたスマートアシスタントが相次いで発表されているが、サムスン電子も同様のサービスを展開するのではないかとも予想される。

 ヴィブ・ラボの人工知能プラットフォームは、外部サービス提供者が自由に参加し、各自のサービスを自然言語ベースの人工知能インターフェースに接続できるという特徴を持っている。人工知能技術を保有していないサービス提供者も、自分のサービスをヴィブ・ラボのプラットフォームに接続することで、ユーザーの意図を分析し、有機的にサービスを提供することができる。また、ユーザーがサービスを使えば使うほどプラットフォームがより進化し、パーソナライズされたサービスを提供することもできる。

 サムスン電子は、スマートフォンを中心に様々な機器のプラットフォームに人工知能を活用・拡張するという「フォーンプラス(Phone +)」戦略を掲げるが、ヴィブ・ラボ・ラボ買収がこれに大きな拍車をかけるものと期待されている。

 なおサムスン電子は、これまで3〜4年間、人工知能の分野に多くの投資を行ってきた。特に音声認識の分野、自動音声認識(Automatic Speech Recognition)と自然言語理解(Natural Language Understanding)の分野に熱心だった。並行して、自分たちが持っていない技術を持つ企業を調査。ヴィブ・ラボ・ラボラトリーズに白羽の矢を立てた形だ。

1 2

参照
yonhapnews
zdnet