米クアルコムとNAVERが戦略的提携「AIベースIoT生態系」構築に注力

米クアルコムとNAVERが戦略的提携「AIベースIoT生態系」構築に注力

Posted date:2017.06.21

photo by NAVER

 携帯電話用の半導体メーカー最大手の米クアルコム(Qualcomm)と、韓国IT最大手・NAVERが、人工知能(AI)およびIoT関連領域で提携関係を結ぶ。クアルコムの子会社クアルコム・テクノロジーは、NAVERとAI技術およびサービス構築のために戦略的協力関係を結んだと19日に明かした。

 クアルコムは、自社IoTプラットフォームで、NAVERとLINEが共同開発したAIソリューション「Clova」を支援する。一方、NAVERはクアルコムのシステム・オン・チップ(SoC)を、優先的なシステムソリューションとして採用する。最終目標は、AIハードウェアメーカーがクアルコムのチップを装着しClovaを使用するようになることだ。

 今回の提携に際し、クアルコムは自社プラットフォームベースのスマートスピーカー、スマートホームハブおよびロボットなど、様々なIoT機器の商用化を早める方針だ。

 今回の提携について、クアルコム・コリアのイ・テウォン社長は「NAVERのAIとの戦略的提携は、IoT生態系において両社の地位をさらに強固に固めうる。(中略)Clovaとクアルコム・テクノロジーのプラットフォームを利用して、メーカー側ががより便利かつ競争力のあるIoT製品やサービスを消費者に提供することができるよう期待している」と述べた。

 一方、NAVERのハン・ソンスク代表は「クアルコムとの協力を通じて、ClovaベースのAIプラットフォーム生態系づくりがますます進むことを期待している」とコメントを寄せている。

■関連記事
-米クアルコム「ドローン配送と購入者認証システム」の特許を登録
-クアルコム社長、ポストスマートフォン時代の新産業に言及
-NAVERがAIアシスタントアプリ「Clova」リリース…LINEと共同開発
-人工知能によるニュース配信は”悪”か…韓国で議論はじまる
-韓国NAVERがAI活用し「旅行コース推薦サービス」提供開始…日本の観光情報も網羅

参照
biz.chosun.com
bloter.net