クアルコム社長、ポストスマートフォン時代の新産業に言及

クアルコム社長、ポストスマートフォン時代の新産業に言及

関連ワード:

Posted date:2016.02.25

デレク・アーベルレ_DerekAberle
デレク・アーベルレ氏 photo by CNBC

「今後5年間で、スマートカーやIoTなど新事業の売上高の伸び率が、スマートフォンのそれを追い越すだろう」

 クアルコム(Qualcomm)社のデレク・アーベルレ(Derek Aberle)社長は23日、「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2016」が開かれているスペイン・バルセロナで、海外メディアの取材にそのように語った。

 今年のMWCのテーマは「モバイルがすべて(Mobile is everything)」。クアルコムは今後、スマートフォン分野に続き、スマートカー、IoTなどの新市場も積極的に攻略するとしている。

 アーベルレ氏はまず、スマートフォン市場の成長鈍化について以下のように言及している。

「まだ完全飽和状態ではなく、成長が依然として強い方だ。今後5年間では、85億台のスマートフォンが売れる見込みもある。世界のスマートフォンのうち、第4世代(4G)移動通信LTE技術を適用したチップセットが搭載されたスマートフォンは14%に過ぎない。成長余力が大きい。メーカーはスナップドラゴン820など、ハイエンドチップセットの導入を増やしている。革新的な余地も多い。カメラグラフィックスの強化、電力効率の向上、機械学習(マシンラーニング)など新しい技術の適用も視野に入れ、研究開発(R&D)に邁進している」

 スマートフォン以外の市場が成長する見込みについてはどうか。アーベルレ氏は言う。

「多くの産業がモバイル技術を導入している。自動車が代表的な例だ。スマートフォンに適用するために開発された多くの技術が、自動車に活用され始めた。自動車がスマートフォンのようにひとつの接続デバイスとなっているからだ。 Wi-Fi、Bluetoothなどの通信技術はもちろん、機械学習などのコンピューティング技術、各種センサーを車載インフォテイメントシステム(Infotaimant System)に適用されている。クアルコムは、その市場での成長の機会を探している。自動車だけではなく、ウェアラブル機器、ドローン、スマートホーム、スマートシティ、IoTなども同様である」

1 2

参照
hankyung.com