NAVERが韓国最大の出前アプリ「配達の民族」に35億円投資…O2O業界でも広がるAI活用

NAVERが韓国最大の出前アプリ「配達の民族」に35億円投資…O2O業界でも広がるAI活用

Posted date:2017.10.31

Photo by 配達の民族HP

韓国O2O(Online to Offline)業界でも、人工知能を活用しようという動きが活発化している。

10月30日、韓国最大の配達アプリ「配達の民族」を運営する企業「優雅な兄弟たち」が、国内IT企業最大手・NAVER(ネイバー)から350億ウォン(約35億円)の大規模な投資を誘致したと明かした。

優雅な兄弟たちは今後、アプリ「配達の民族」で使用するAI=音声認識および自然言語処理の研究に集中する計画だ。顧客が食べ物を注文する際にテキストを入力するのではなく、会話形式で食べ物を検索・注文可能にするのが目標だという。

例えば、顧客が「雨の日にふさわしい料理をお勧めして」や「昨日お酒をたくさん飲んだので、二日酔いによい食べ物が欲しい」とAIに話しかけたとしよう。AIは顧客の言葉と内容を認識・分析。希望する適切な料理を、配達するという具合だ。そのようなサービスを実際に実行するためには、AIプラットフォームが不可欠となる。

NAVERは独自のAIプラットフォーム「クローバ(Clova)」を持っている。優雅な兄弟たちは、そのAIプラットフォームと自社の配達網を繋げ、新サービスの確立を目指す。一方、NAVERは優雅な兄弟たちの配達プラットフォームを利用。サービス数と利用者数を同時に増やす算段だ。

配達の民族のサービスは今後、NAVERのAIスピーカー「ウェーブ」と「フレンズ」にも導入される予定である。現段階では、NAVERのAIスピーカーに食べ物を注文する機能は搭載されていない。一方、韓国初のAIスピーカー「ヌグ」(SKテレコム製)はすでに、食品のオーダーが可能となっている。

優雅な兄弟たちは今年3月の段階で、人工知能プロジェクト「ベミンデビッド」を発足。100億ウォン(約10億円)を投資するとしている。今年200人の人員を新規に採用する計画を進め、現在150人ほどが補充されたとも伝えられている。そのうちの大半は、エンジニア・開発者だ。なお、優雅な兄弟たち全体としても、エンジニア・開発者が占める割合が多いという。

1 2