警察データベースと連動「AI搭載監視カメラ」韓国で2018年から導入へ

警察データベースと連動「AI搭載監視カメラ」韓国で2018年から導入へ


Posted date:2017.06.05


photo by ETRI


 韓国電子通信研究院(ETRI)の情報保護研究本部研究チームが、韓国・警察庁と連携。交通状況や犯罪をリアルタイムで検出する人工知能(AI)搭載型の監視カメラ開発に乗り出すと明かした。

 監視カメラは、問題を解決するために決定的な証拠を提供するが、低画質や監視要員不足などにより、犯罪・事故を見逃してしまう場合もある。そのため、ETRIの研究チームは、監視カメラとAI技術を結合させた「クラウドベースのインテリジェント映像セキュリティ技術」の開発に着手した。

 今回の技術およびソリューションには、交通事故を自動検出するための動画ディープラーニング技術、容疑者や用の車両を識別・追跡する認識技術、ビッグデータを使った学習技術、映像セキュリティ侵害防止技術など、先端技術が数多く採用される予定だ。

 同システムは、交通事故や犯罪など危険な状況をリアルタイムで検出し、即時、警察に通報。事故と関連した容疑者と車を自動的に識別して追跡する。特に深夜や早朝など、監視が脆弱だとされる時間帯に威力を発揮できるよう、開発が進められる計画になっている。また、肉眼では区別できない低解像度の車両ナンバープレートを自動的に識別する「インテリジェント車両ナンバープレート読み取り技術」も採用される。最終的に、警察庁の犯罪データベースに格納された容疑者の顔情報と、察知した映像を自動的に照合することを目標としている。

「他人に危害を加えようとする脅威行動、銃やナイフのようなものを自動的に認識し、犯罪を抑止できる技術を求めている」(韓国・警察庁関係者)

1 2

参照
applen
zdnet
inews24