精度85%以上…人工知能が顔相から「犯罪予備軍」見分ける

精度85%以上…人工知能が顔相から「犯罪予備軍」見分ける


Posted date:2016.12.12


人工知能_犯罪者_摘発_上海交通大学

photo by arXiv.org


 観相士という言葉がある。韓国や中国に伝統的に広く存在し、人間の顔を見て対象の人柄、寿命、運命などを占う人々である。日本にも「観相」という言葉はある。だが、こちらは顔に限定されず、身体全体の特徴から対象を占う技術とされている。そのため、観相士という言葉を日本で正確に翻訳するとすれば「顔相士」となりそうだ。

 韓国や中国の観相士は、歴史上のエピソードにたびたび登場する。権力者や市井の人々の金運、仕事運、人柄、寿命を的中させたかと思えば、容疑者たちの顔を見ただけで迷宮入りしかけた殺人事件の犯人を割り出すなど、その活躍はさまざまな形で伝わっている。そこに科学的根拠があるかどうか分からない。が、実際にそういう人々がいて、歴史にその名を刻んできたという事実は広く確認されている。当の観相士たちによれば、人の顔には森羅万象が凝縮されているのだという。

 現在、その観相士たちが行ってきた「人間観察」そして「占相術」が、あるテクノロジーによって再現されつつある。Artificial Intelligence=AI、すなわち人工知能によってだ。ただ人工知能が期待されているのは、人間の顔から彼らの未来や運を割り出すことではない。犯罪予備軍、つまり犯罪者に特有の顔の特徴を見つけ出すという面で活用されようとしている。

 19世紀にイタリアにチェーザレ・ロンブローゾという医師、そして犯罪学者がいた。彼は、「犯罪人類学の父」と呼ばれ、「犯罪性は遺伝する。犯罪者は独特な身体的特性を持つ」と主張した。犯罪者は、非犯罪者よりもサルに近い遺伝子を持ち、飛び出した額や大きすぎる耳、長い腕のような身体的特徴があるとした。それを見れば、犯罪者を割り出せるというのだ。ただその仮説は、彼が死ぬ日まで証明されなかった。一方、20世紀初頭になると、英犯罪学者である監獄医であったチャールズ・ゴーリングは、犯罪者と非犯罪者の間に身体的特徴に差がないことを統計的手法で証明してみせた。

1 2 3

参照
unwire.pro
digi.163.com