人口知能・アルファが空中模擬戦で米空軍ベテラン教官に圧勝

人口知能アルファ2
photo by Psibernetix

 開発チームは、アルファが人間のパイロット編隊とともに、チームを形成するようになるだろうとする。米空軍に所属するケリー・コーエン(Kelly Cohen)教授は、アルファは編隊を構成する他の戦闘機に戦術的なアドバイスを提供し、編隊長の命令を実行するために必要な適切な方法を継続的に見つけることができるとコメントしている。

 アルファを動かすためには、高性能なコンピュータは必要ない。研究者が500ドル(約5万円)のPC性能クラスのコンピュータでアルファを訓練してきたというのは、前述の通りだ。研究者はまた、35ドル(約3万5000円)の、クレジットカードサイズのラズベリーパイ(Rasberry Pi)PCでアルファを動かすことができるとしている。

 サイバネティクス創業者であるニック・アーネスト・(Nick Ernest)は、「シミュレーション環境では、誰も相手にならないレベルに達したが、今後レベルをさらに高め、熟練した現役戦闘機のパイロットと競ってみる」と話した。

 一方、アルファの登場は空中戦の自動化を促すのではないかという懸念もある。将来的に軍事用ドローン(UCAVs)編隊が、人間のパイロットがいなくとも自動で作戦を実行する日がくるのだろうか。