人工知能があなたが進むべき職種を10秒で判断...AI進路支援サービス「タレントX」とは

人工知能_進路_就職活動_ドリームスクエア_ヒューリー_talentx
photo by DreamSquare FBpage

 将来、どんな仕事につくか。人生の中で、とても大きな選択のひとつだ。人間にとって、とても難しい問題であり、心を決めるまでにはそれ相応の時間がかかる。だが、コンピューターがその選択を支援してくれるとしたらどうか。ドリームスクエア(Dream square)という企業は、人工知能(AI)がわずか10秒で、その人にマッチした進路を知らせてくれる技術を開発したという。

 ドリームスクエアは、2013年にサムスン電子出身のハン・シンファン氏が、米シリコンバレーで創業した企業だ。同社はユーザーの意思決定を支援する人工知能「ヒュリ」をもとにしたサービス「タレントX(Talent X)」を、拡大していくと12日に明かした。

 タレントXに興味、知識、学校、専攻、活動、技術、業務スタイル、価値観、勤務地など13個の質問項目を入力すると、5万余りの専門職の中から、ユーザーに最も適した職業をお勧めしてくれる。また、米国基準にはなるものの、その仕事を選んだ人がどこに、どれだけいるかも同時に知らせてくれる。

 現在、タレントXは米スタンフォード大学でテストサービス契約を結んでいるとのこと。また、韓国の延世大学、梨花女子大学とも契約を結び、学生を対象にサービスを開始している。今後は、韓国国内の高等学校と塾、企業向けの営業を拡大する計画だ。

 ハン代表は、米国で収集できる個人データが豊富だという点に着目した。個人データを取り扱える範囲は、各国の法律の枠組みによって大きく異なる。ハン代表は、サムスン電子のプロジェクトデータマイニングの研究を3年、人事相談担当として4年間勤務し、データ科学を利用した進路相談の重要性に気付いたという。その後、もともとエンジニア出身だったハン代表は、機械学習(マシンラーニング)の研究に2年間没頭した。

河鐘基

記者:河鐘基


1983年、北海道生まれ。株式会社ロボティア代表。テクノロジーメディア「ロボティア」編集長・運営責任者。著書に『ドローンの衝撃』『AI・ロボット開発、これが日本の勝利の法則』(扶桑社)など。自社でアジア地域を中心とした海外テック動向の調査やメディア運営、コンテンツ制作全般を請け負うかたわら、『Forbes JAPAN』 『週刊SPA!』など各種メディアにテクノロジーから社会・政治問題まで幅広く寄稿している。

URL:https://roboteer-tokyo.com/about