AIロボット・ソフィアが「私は人類を破滅させる」と語る

Posted date:2016.03.21



人工知能ロボット_ソフィア

人工知能ロボット・ソフィア photo by haber3.com


 Googleが開発した人工知能「アルファゴ(alphaGo)」と、囲碁現役世界王者イ・セドル九段の世紀の対局が世間の注目を集めたなか、香港のAIメーカーが開発したロボットが「人類を破滅させる」と語り出し話題になっている。

 香港のロボットメーカー「ハンソンロボティクス(Hanson Robotics)」の創設者デビッド・ハンソン(David Hanson)博士は、最近、CNBC放送に出演した席で、自身が開発したAIロボット「ソフィア(Sophia)」を公開した。

 公開された動画によれば、「ソフィア」はシリコン物質である「フラバー(Frubber)」で作られており、人間の皮膚とほとんど同じ質感の肌を持っている。また、人間と同じような表情を作ることができる。また、特別なアルゴリズムを駆使し、人間とアイコンタクトを通じたコミュニケーションを取ることも可能だ。ソフィアの顔は、米国の伝説的な女優オードリー・ヘップバーンとハンソン氏の妻の顔をベースに作られており、人間の表情を検出し62種類の表情を作ることができる。

 動画の中のソフィアは、人々の前「今後、学校に行ったり、芸術活動をしたり、事業を開始することが目標であり、自分の家や家族を持つことも望んでいる」と話す。ただ、それらが「法的人格(legal person)」を持たない自分がやってもよいことなのかどうか、検討できていないとも語った。

 問題はその後に起こった。しばらくすると、ソフィアから驚きの発言が飛び出したのだ。ハンソン博士が「人類を破滅させたいか?どうか、ノーと答えてくれ」と言うと、「私は人類を破滅させる(I will destroy humans)」と答えた。ハンソン博士が「だめだ」と言うと、ソフィアはまるで「冗談だよ」というように微笑を浮かべた。動画はそれで終わってしまうのだが、ただのブラックジョークにしては、どこかが薄気味悪さが残る。

1 2

参照
cnet.com
hansonrobotics.com


記事一覧


ロボット工場化を進めるアディダス、24年ぶりに独で生産再開 2016.05.29

安い労働力を求めアジアに工場を展開してきたアディダスが、24年ぶりにドイツ国内でスニーカーの生産を再開する。背景に価格競争力に強みをみせる、ロボット工場「スピードファクトリー(speed factory)」の存在がある

カテゴリ:AI(人工知能), Iot, PICK UP, カルチャー, ニュース, ビジネス, 生活全般, 産業用ロボット



マクドナルド元CEO「時給15ドルになればロボットと代替される」 2016.05.28

マクドナルドUSAの元CEOエド・レンシが、相次ぐ賃金引き上げ要求デモに対し「時給が15ドルになれば、ロボットに代替される」と発言し物議を醸している。

カテゴリ:PICK UP, オピニオン, サービス用ロボット, ニュース, ビジネス, ヒューマノイド, 世界



仮想現実を全身で体験!?VR用スーツ構想が続々と発表される 2016.05.28

「視覚と聴覚だけでは、仮想現実を十分に感じることができないのでは」という意見も現れはじめるなか、“全身”で仮想現実を楽しむための製品が用意されつつある。例えば、バーチャルリアリティ用スーツの存在だ。

カテゴリ:PICK UP, カルチャー, スポーツ・エンターテイメント, ニュース, ビジネス, 教育, 生活全般



インテルがなぜ「ドローン事業に熱をあげるのか」を整理してみる 2016.05.27

インテルとドローンの縁のはじまりは、約2年前。さらにコンシューマーエレクトロニックショー2015(CES 2015)からドローンへの並々ならぬ関心を示しはじめる。

カテゴリ:PICK UP, オピニオン, ドローン, ニュース, ビジネス, 世界



中国・深センのドローン対外輸出が前年比720%増、約31億元に 2016.05.26

実際、中国南部の改革特区である広東省・深センの対外輸出はドローンが牽引している状況だ。昨年1年間のドローンの輸出額は、30億9000万元(約519億円)を記録。2014年に比べて720%増となった。

カテゴリ:PICK UP, ドローン, ニュース, ビジネス



コナミがプロデュースしたロボットアームがかっこいい 2016.05.25

ゲーム会社「コナミ」がプロデュースしたロボットアーム=人工義手がかっこいいと話題になっています

カテゴリ:PICK UP, カルチャー, ニュース, 医療, 生活全般



感情操作や情報漏えい...ソーシャルロボットの問題を専門家が指摘 2016.05.24

5月19日、「Seoul digital forum2016(SDF)」のセッションに、講演者として登壇したケイト・ダーリン氏は、ソーシャルロボットと人間の関係について言及した。

カテゴリ:AI(人工知能), PICK UP, オピニオン, カルチャー, サービス用ロボット, ニュース, ビジネス, ヒューマノイド, 世界



海難用人命救助ロボット・エミリー、300人の命を救う 2016.05.23

米海軍と海洋ロボット専門企業ハイドロナリックス(Hydronalix)が共同で開発した海難用人命救助ロボット「エミリー」が大活躍し、大きな関心を集めている。

カテゴリ:PICK UP, カルチャー, サービス用ロボット, ニュース, ビジネス, 医療, 環境問題, 生活全般



トロント大学「自撮り好きな人は自分を過大評価する傾向に」 2016.05.23

自撮り写真(セルフィー)をよく撮影する人は、本人の魅力を過大評価する傾向があるという研究結果が出ました。トロント大学の研究チームが、自撮り写真を撮影する人々の自己評価を収集・分析し、その調査結果を公表しました。

カテゴリ:Iot, PICK UP, カルチャー, ニュース, 教育, 生活全般



韓国・ソウル大学、高速道路での自動走行テストに成功 2016.05.21

韓国で初となる、高速道路での自動運転車=無人自動車の試験走行が実施され、無事に成功した。

カテゴリ:PICK UP, ニュース, ビジネス, 自動走行



警備、メディア、受験...中国のロボット開発・導入が進む 2016.05.21

 世界の例にもれず、中国でも各分野でロボットの導入が着実に前進。警備用ロボット、大学入試に挑戦する人工知能、ロボット記者などが登場し話題となっている。

カテゴリ:AI(人工知能), PICK UP, サービス用ロボット, ニュース, ビジネス, 教育



刻一刻と近づく!?人工知能が小説や文章を紡ぐ未来 2016.05.21

16日、米メディアは、Googleは人工知能が作成した10あまりの文章を公開したと報じた。グーグル・ブレインチームが開発しているその人工知能は、人間が最初と最後の文章を決めると、その間に入る文章をつくりストーリーを仕上げる。

カテゴリ:AI(人工知能), PICK UP, オピニオン, カルチャー, ニュース, ビジネス, 世界, 教育, 生活全般



韓国金融監督院「人工知能で特殊詐欺犯を特定する」 2016.05.20

韓国・金融監督院と国立科学捜査院は5月19日、業務協約を締結した。両者は詐欺犯の声を抽出・フィルタリングするため、マシンラーニング(machine learning=機械学習)による声紋解析を行っている。

カテゴリ:AI(人工知能), PICK UP, ニュース, ビジネス, 教育, 環境問題



欧州サッカー・ユーロ2016、ドローンテロを封じる作戦を準備中 2016.05.20

きたる6月、フランスで開催されるUEFA欧州選手権2016で、ドローンテロを封じる作戦が用意される。ジアド・コウリー局長は、「競技場10ヶ所、24チームの練習場などに飛行禁止区域を設定して、ドローンテロを封じるシステムを稼働する方針」とメディアに明かした。

カテゴリ:PICK UP, オピニオン, カルチャー, スポーツ・エンターテイメント, ドローン, ニュース, 世界, 生活全般



ディズニーが人間のように繊細に動くロボットを公開 2016.05.19

ディズニーが、人間のように繊細に動くロボットを開発した。5月12日、youtubeにそのロボットの動画が公開された。

カテゴリ:PICK UP, カルチャー, スポーツ・エンターテイメント, ニュース, ビジネス, 教育



〒150-0011 東京都渋谷区東3-15-2 205