AIロボット・ソフィアが「私は人類を破滅させる」と語る

AIロボット・ソフィアが「私は人類を破滅させる」と語る



Posted date:2016.03.21


人工知能ロボット_ソフィア

人工知能ロボット・ソフィア photo by haber3.com


 Googleが開発した人工知能「アルファゴ(alphaGo)」と、囲碁現役世界王者イ・セドル九段の世紀の対局が世間の注目を集めたなか、香港のAIメーカーが開発したロボットが「人類を破滅させる」と語り出し話題になっている。

 香港のロボットメーカー「ハンソンロボティクス(Hanson Robotics)」の創設者デビッド・ハンソン(David Hanson)博士は、最近、CNBC放送に出演した席で、自身が開発したAIロボット「ソフィア(Sophia)」を公開した。

 公開された動画によれば、「ソフィア」はシリコン物質である「フラバー(Frubber)」で作られており、人間の皮膚とほとんど同じ質感の肌を持っている。また、人間と同じような表情を作ることができる。また、特別なアルゴリズムを駆使し、人間とアイコンタクトを通じたコミュニケーションを取ることも可能だ。ソフィアの顔は、米国の伝説的な女優オードリー・ヘップバーンとハンソン氏の妻の顔をベースに作られており、人間の表情を検出し62種類の表情を作ることができる。

 動画の中のソフィアは、人々の前「今後、学校に行ったり、芸術活動をしたり、事業を開始することが目標であり、自分の家や家族を持つことも望んでいる」と話す。ただ、それらが「法的人格(legal person)」を持たない自分がやってもよいことなのかどうか、検討できていないとも語った。

 問題はその後に起こった。しばらくすると、ソフィアから驚きの発言が飛び出したのだ。ハンソン博士が「人類を破滅させたいか?どうか、ノーと答えてくれ」と言うと、「私は人類を破滅させる(I will destroy humans)」と答えた。ハンソン博士が「だめだ」と言うと、ソフィアはまるで「冗談だよ」というように微笑を浮かべた。動画はそれで終わってしまうのだが、ただのブラックジョークにしては、どこかが薄気味悪さが残る。

1 2

参照
cnet.com
hansonrobotics.com