アップル、感情分析AI開発ベンチャー・エモーシェント買収

ロボティア編集部
ロボティア編集部

photo by emotient HP

 アップル(Apple)が人の表情を分析、感情を読み取る人工知能(AI)技術を開発しているスタートアップ「エモーシェント」(Emotient)を買収した。

 ウォールストリート・ジャーナルは7日、エモーショントの技術で広告を見た人々の表情を分析しその効果を評価することができるとしたが、アップルがこの技術で何をするかはまだ明確でないと伝えた。

 アップルは買収直後に声明を出したが、具体的な買収条件は公開しなかった。一方で、医師が同社の技術を利用すれば、言葉で症状を表現するのが難しい患者の苦痛に気付くことができたり、流通業者が店に入ってきた消費者の表情を解析しマーケティングに活用できるとした。

 グーグル(Google)やフェイスブック(Facebook)などシリコンバレーの企業は、人工知能の開発に力を注いでおり、なかでも人工知能の画像認識機能を向上させることが主要な関心事となっている。

 グーグルは、2012年に猫を認識することができる人工知能技術に関して論文を発表、フェイスブックは公開された画像から自動的に人々の顔を認識することができる技術を公開している。また今年、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、自宅に来客があった際に、自動的に顔を認識する人工知能秘書を作りたいという声明を発表した。

 アップルは2014年に顔の表情など、さまざまな方向から感情を読み取ることができるソフトウェアシステムを紹介した。昨年10月には別の人工知能ベンチャー企業である「ボーカルIQ(VocalIQ)」を買収している。同企業は、コンピュータの自然言語処理能力を向上させる技術を開発している。

 米サンディエゴに本社を置くエモーシェントは、昨年5月1日に10万個の顔の表情を収集して分類、コンピュータの表情認識能力を向上させる技術に関して特許の承認を受けた。