AIロボット・ソフィアの生みの親「ロボットに人格と権利を認めるべき」...量産構想も

ロボティア編集部
ロボティア編集部

ハンソンロボティクスは、人間と同じスピードで考え、触覚を通じて交感できるレベルのソフィアを100台ほど大量生産する目標を持って、研究・開発を進めているという。さしあたり、子供の自閉症の治療、医療研究分野の実習用ロボットとして導入を進めていくとしており、すでに、子供たちがロボットの感情表現を追加したり、表情や動きを直接コーディングできる商品もリリースしている。

ハンソンCEOは「人類はAIロボットの開発が進むほど、彼らをどのように守らなければならないか、また正しい心や人格を持つためにどのように研究を進めていくべきかを考えていく必要がある」と強調している。