シンガポール政府が人工知能に倫理的基準を設置...AI医療やフィンテックにも適用

ロボティア編集部
ロボティア編集部

シンガポール政府は、AI分野への投資にも積極的だ。シンガポール国家研究基金会(NRF)は、今後5年以内に1.5億シンガポールドル(約124億円)を投資して、国内のAI技術の向上に努める計画である。

シンガポール政府はまた、中国との協力も強化する方法も模索している。最近、南京で開催された「中国-シンガポールAI高位フォーラム」で、シンガポール財務省高官は「中国とシンガポールのAI領域の可能性が非常に大きい(中略)シンガポールは中国とのIT分野の協力を強化することを希望する」と述べている。