イアン・ピアソン氏「2050年、人間はホモオプティマスに進化」

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 ピアソン博士は、2050年の人間の姿を次のように描く。①電子肌や皮膚の細胞の間に施術する小型インプラントを通じて、直接、技術と接続される。②「電子的に筋肉を支えるタイツ(Electronic muscle support tights)」を使用して、足の筋力を引き上げることもできる。タイツは1cmの厚さのウェアラブルポリマージェルで作られる。③既存の化粧が姿を消しスマートメイクが登場する。人の皮膚細胞に適用され、欠陥なく、また変化する化粧技術が可能となる。④ナノテクノロジーが身体内部を監視し、壊れたところを治療する。④人間がペットの話を聞き、コミュニケーションを取りながら、動物のIQを高めることができる。

イアン・ピアソン未来像1 イアンピアソン未来像2

 まゆつばものの主張も含まれると思われるが…人類の未来ははたして!?

(ロボティア編集部)