【詳細】ドローンタクシーで注目を集める中国・Ehang社とは

【詳細】ドローンタクシーで注目を集める中国・Ehang社とは


Posted date:2016.06.27


ehang184_イーハン184

photo by Ehang


 米ネバダ州で、ひとり乗り用ドローン(ドローンタクシー)の飛行テストを許可された中国企業イーハン(Ehang)。昨今のドローン業界における注目株として一気に浮上した同社だが、その正体についてはあまり日本で報じられていない。

【関連記事】>>>米ネバダ州、ドローンタクシーのテスト飛行を許可する

 イーハンの中国での企業名は「広州億航智能技術有限公司」だ。2014年に広州で設立され、現在、北京、上海、アメリカ、ドイツに分社を構える。

 主力商品は、アプリ操作が可能な一般消費者向けドローンとなる。中国国内ではあまり多くない、アプリによる操縦をコンセプトとしたマルチコプターを開発するメーカーだ。イーハンは操作をシンプルにすることで、より多くの人へ空中体験を提供することを目標にしている。2015年には4200万米ドル(Bステージ)の融資を受け、16ヶ月間で企業価値を100倍に成長させた。その成長速度は世界のドローン企業でもトップを誇る。

 2014年には米ビジネスマガジンの「ファストカンパニー」中国語版が発表した2014年中国最優秀イノベーション企業トップ50に、また2016年最優秀グローバルイノベーション企業、世界のドローン企業トップ3にも選出されている。

 イーハンの舵を握る経営陣は、商品の研究開発を担当する胡華智CEOを筆頭に、中国エリート集団と言っても過言ではない。マーケティング責任者であり、グローバルマーケティングおよびブランディング担当である熊逸放 CMOは、米デューク大学ビジネススクール卒業し、フォーブスの2015年30歳以下創業者カテゴリで30位ランクインした人物。なお熊氏は、スタンフォード大学が選出した、2013年グローバル100強創業者にもランクインしている。

1 2 3 4 5

参照
baijingapp.com
http://uav.huanqiu.com/