ドローンタクシー構想が現実に!?「VC200」が有人テスト飛行に成功

ドローンタクシー_Volocopter_ボロコプター
Volocopter photo by E-volo

 ドローンを“未来の交通手段”として利用しようという動きが活発化している。言い換えれば、空撮や配達にとどまらず、ドローンの性能を高め人を乗せて飛行させようという構想=ドローンタクシー構想だ。

 先ごろ、ドイツ・イーボロ社(E-volo)は、ドローンに人を乗せて飛行することに成功した。「ボロコプター(Volocopter)」という名の同社ドローンは、2013年に無人飛行に成功。これまで100回以上のテスト飛行を繰り返した。

 初の有人飛行に成功した製品「VC200」は9つのバッテリー、18個の電気モーター、18つの回転翼で構成されている。重量は450㎏である。重量を少しでも減らすため、軽くて丈夫な炭素繊維を素材に使用している。

ドローンタクシー_Volocopter_ボロコプター3
Volocopter photo by E-volo

 操縦はその他のドローン同様にジョイスティックを使って行われる。コックピット内に設置されたナビゲーション画面に目的地を入力したり、ジョイスティックを動かせば目的地に向かうことができる。例えば、ヘリコプターなどの有人機のように、長時間にわたる操縦訓練を受ける必要がないそうだ。

 ボロコプターの最初の“搭乗者”そして“パイロット”となったのは、同社代表のアレクサンダー・ツォゼル(Alexander Zosel)氏だった。ツォゼル氏は高度約20メートル前後の高さを、時速24キロで飛行し初の有人飛行を成功させた。少し失礼にあたるかもしれないが、ツォゼル氏はまあまあの巨体である。体重も決して軽くなさそうだ。