中国「EHang(イーハン)」27歳CEO「最終目標は地球上の全ドローンを制御するシステム」

中国「EHang(イーハン)」27歳CEO「最終目標は地球上の全ドローンを制御するシステム」


Posted date:2016.12.14


イーハン184_熊逸放ceo

photo by ehang.com


 世界初の有人ドローン「イーハン184」を世に送り出したドローンメーカー、イーハン社(EHang/億航)のCEO熊逸放氏は、4月21日、中国・北京で開催された「ホビーエキスポチャイナ」の現場で、海外メディアの取材に答えた。

「有人ドローンは危険だって?無人カーよりよっぽど安全ですよ」

 熊CEOはわずか27歳。世界的ドローン企業のトップは、イベント会場に、まるで大学生のような出で立ちで登場したという。2014年4月に二項を設立してからわずか2年で、彼は世界のドローン業界をリードする若き大物となった。

 イーハンは撮影、農薬散布などの用途で使われていたドローンを、交通手段のコンセプトとして発展させることで、新たな境地を開拓したという評価を受ける。現在、世界1位のドローンメーカーDJIの背中を追う企業群は、「低価格」を武器にすることが多い。しかし二項は、コンセプトの差別化をはかり世界でオンリーワンの企業を目指す。今年2月、米経済月刊誌ファースト・カンパニーは、そんな二項を「世界最高の革新企業」に選定している。イノベーションを起こした企業を素早く追撃する「ファーストフォロワー(Fast Follower)」がほとんどだった中国企業から、業界の革新を牽引する「ファーストムーバー(First Mover)」が生まれた事例のひとつでもある。

 イーハンの有人ドローン「イーハン184」は、今年1月に公開。6月には、米ネバダ州でテスト飛行も終えている。イーハン184と一般的な飛行機の違いは、パイロットの免許が必要ないという点。なお、ホビーエキスポチャイナにはその有人ドローンの姿はなかったとされる。

「今年1月に米ラスベガスで開催されたCES2016にイーハン184を出品したところ、観覧客の関心がその製品にだけ集中して、『ゴースト2.0(イーハンの他の製品)』があまり注目されなかった(中略)今回の博覧会でも同じことが起こると予想して持って来なかった」(熊CEO)

 イーハン184の積載可能重量は100kg。最大時速100kmで約23分飛行することができ、自律走行機能も備える。市販予定価格は、最大30万ドル(約3460万円)と予想されている。

1 2

参照
donga.com
ehang.com