人工知能「alphaGo」を作りだしたディープマインドとは

人工知能「alphaGo」を作りだしたディープマインドとは


Posted date:2016.03.15


ディープマインド_deepmind

photo by DeepMind HP


 2016年3月9日午後、ソウルのホテルで行われたとある対決は、人類史の転換を予期させるものとなった。人工知能プログラム「アルファゴ(alphaGo)」が、現役囲碁世界王者イ・セドル九段に勝利したのだ。

 あと10年は人間には勝てないだろうと言われていた囲碁の世界で、人工知能が世界最強を証明して見せたのだ。そんな驚きのニュースは、またたく間に世界中を駆け巡った。3月15日、全5局を終え、通算成績は4勝1敗でアルファゴの勝ち越しとなった。

 そんな前代未聞の人工知能・アルファゴを作ったディープマインド(DeepMind)とは、一体どのような企業なのだろうか。ディープマインドは2010年に、デミス・ハサビス(Demis Hassabis)氏、シェーン・レッグ(Shane Legg)氏、ムスタファ・スレイマン(Mustafa Suleyman)氏によって共同設立された。当時、アルファゴという特定のプログラムは存在せず、彼らが作っていたシステムだけがあった。

デミス・ハサビス

デミス・ハサビス photo by backchannel.com


 代表を務めるデミス・ハサビス氏の名は、今回の対決で一気に広まった感がある。しかし実際には、それ以前から“天才”という評価を受けており、知る人ぞ知る人物であった。

 ハサビス氏は1976年にロンドンで生まれた。13歳の時、チェス界の由緒ある称号である“チェスマスター”となり、14歳の時には世界最高スコアを記録したユディット・ポルガー(Judit Polgar=2335点)に次いで、2300点を獲得。世界ランキング2位にまでのぼりつめた。

 またハサビス氏は、17歳の時に「テーマパーク」というゲームを共同制作し、数百万のコピーを売った。その後、ケンブリッジ大学でコンピュータサイエンスの研究を開始。修士と学士課程を同時に終えている。

 卒業後は、しばらくゲーム会社に勤めふたたび大学へ。認知神経科学の研究を深め、博士号を獲得している。囲碁でアルファゴーが高い能力を発揮できたのは、システムを設計した張本人が、チェスや囲碁などを深く理解していたからだとの見方もできる。イ・セドル9段は囲碁の天才と呼ばれて久しいが、対するアルファゴをプログラムしたハサビス氏も、勝るとも劣らない天才だったという訳だ。

1 2 3 4 5

参照
theguardian.com
dailymail
theverge.com