人工知能「alphaGo」を作りだしたディープマインドとは

ロボティア編集部
ロボティア編集部

スタークラフト_韓国人
photo by Youtube

 余談だが、韓国はIT先進国の割にGoogleの影響が少ない国でもある。韓国ネット業界を牛耳っているのは、日本でもおなじみのLINEの親会社「NAVER」だ。Googleの検索ポータルの使用率は驚くくらい低い。予想に過ぎないが、そんな韓国のIT事情に対して、人工知能の能力を見せつけながら、“開国”を迫っているのかもしれない。

 ディープマインドのシステムに代表されるような人工知能の急速な発達は、人類にとって恩恵をもたらすのだろうか。現在、その点については賛否両論があると言わざるをえない。グーグルディープマインドの人工知能が囲碁に焦点を合わせている間は、なんら問題はないだろう。しかし今後、軍事に転用された場合はどうか。Googleは、軍事ロボット企業「ボストンダイナミクス」を買収してロボットを作っている。それら軍事用ロボットに人工知能が搭載されないとは誰も言いきれないだろう。

 人工知能の行く末はどうなるのか。その手掛かりを握った人物たちが、ディープマインド社の面々であることは間違いないだろう。ただ、まだ多くの事柄が秘密に包まれたままだ。現在、ディープマインド社のオフィスの正式な住所も明らかにされていない。

(ロボティア編集部)