Google、ロボット開発子会社ボストンダイナミクスを売却か

Google、ロボット開発子会社ボストンダイナミクスを売却か


Posted date:2016.03.18


ボストンダイナミクス

photo by Boston Dynamics


 Googleが2013年に買収したロボットメーカー・ボストンダイナミクス(Boston Dynamics)を売却する可能性が浮上した。17日、ブルームバーグなど海外メディアが報じた。

 報道によれば、Googleの持株会社であるアルファベット(alphabet)社経営陣は、ボストンダイナミクスでは、今後数年間のうちに販売、利益を生む製品を製造できないという結論を下し、これを売却することにした。ブルームバーグは、Googleの計画をよく知る取材関係者からそれらの事実を入手。そのうちのひとりは、今後ボストンダイナミクスを買収する可能性がある企業として、トヨタ自動車が設立した人工知能研究のための新会社Toyota Research Institute(TRI)や、また物流センター用ロボットを開発しているアマゾンドットコムなどを挙げている。

 なお報道について、Googleとトヨタ、アマゾンはコメントを拒否している。

 Googleは2013年12月にボストンダイナミクスを買収。100%子会社化した。Googleは当時、Android部門の責任者で、2013年3月から新事業発掘を引き受けることになったアンディ・ルービン(Andy Rubin)氏の主導のもと、ロボット分野の新興企業を多数買収。また、約300人のロボットエンジニアを入社させるなど、同分野に大規模に投資を行った。

 しかし、そのルービン氏が2014年10月に退社。Googleのロボティクス部門および計画「レプリカント(Replicant)」は、役員の頻繁な交代や、事業部間における協力の失敗などで困難を経験してきた。

 ブルームバーグは、ある消息筋の言葉を引用。レプリカントが難航していた大きな原因としてふたつを挙げた。まずひとつは、ボストンダイナミクスの役員が、米カリフォルニア州と日本・東京にあるGoogleの他のロボットエンジニアとの協力を好まなかった点。ふたつめは、近い将来にリリースされるはずだった製品を作ることに失敗した点だ。前者が真実であれば、精密なロボットを作る会社の役員が、“人間らしい感情”に振り回され協力関係を築けなかったということになる。いささか皮肉な話である。ボストンダイナミクスと仕事をしてきたGoogleのロボティクスディレクター、アーロン・エドシンガー(Aaron Edsinger)氏も、「壁にぶちあたっている」と言及したことがある。

 昨年11月にはGoogleの内部議事録が流出。ボストンダイナミクスと、Googleのその他ロボット関連事業部間の軋轢が、オンライン上で明らかになった。続く昨年12月には、「レサプリカント計画」が中断され、同スタッフたちは未来ビジネス発掘部門である「グーグルX」に編入されたとたとも報じられている。一方、ボストンダイナミクスについては“待機”状態にあるという。

1 2

参照
bloomberg.com
techcrunch.com