ゴミはロボットにおまかせ!?リサイクルロボットが続々登場

ゴミはロボットにおまかせ!?リサイクルロボットが続々登場


Posted date:2016.04.24


liam_リアム

liam photo by apple


 アップル社が公開したiPhoneリサイクル用ロボット「リアム(Liam)」(動画)に注目が集まっています。小さな部品を丁寧に分別してリサイクル、地球環境にも優しい。リアムを紹介する動画からは、そのようなニュアンスが伝わってきます。現在、リアムの他にも、リサイクルロボットの開発、またそれらを使用したビジネス、プロジェクトが増えているようです。


 まず、フィンランド企業ゼンロボティクス(ZenRobotics)は、リサイクルロボット・ゼンロボティクスリサイクラー(以下、ZRR)を開発しています。ZRRはセンサーや人工知能を駆使して、ゴミ箱の中から再利用できる廃棄物を自動的に選別します。完全に自動化されており、その動作は非常に俊敏。ひとつのアームで、1時間当たり2000のリサイクル部品を識別・分別作業することが可能だそうです。

ZenRobotics_ゼンロボティクス

photo by ZenRobotics


 ゼンロボティクスは、世界的な廃棄物の増加を解消するため、技術分野でイノベーションを起こすことを自社のミッションのひとつとしています。同社の説明によれば、ZRRは世界初の廃棄物選別ロボットシステムとのこと。また、コストや手作業の削減、リサイクル効率の向上に役立つように設計されていると言います。

フェニックスプログラム

photo by DARPA


 一方、米国防総省・国防高等研究計画局(DARPA)は、宇宙空間でリサイクル作業に従事するロボットを開発することに取り組んできました。通称「フェニックス・プログラム(Phoenix program)」です。不死鳥のように、何度も蘇らすというコンセプトでしょうか。(※DARPAのプロジェクトは、ネーミングがいちいちかっこいい気がします)。なお、古い衛星から部品を回収し、新たな宇宙システムを作るのに使用するというのが、フェニックス・プログラムのコンセプトとなります。

1 2

参照
ajc.com
UID
darpa
inhabitat.com
大邦工業HP