海水と淡水の水質保全でAI活用...アイルランドの大学とIBMがIoT導入で実現

海水と淡水の水質保全でAI活用...アイルランドの大学とIBMがIoT導入で実現

Posted date:2017.05.18

IBM&DCU水研究所 photo by Water Institute DCU

 アイルランドのダブリン・シティ大学(DCU)とIBMが、水資源の保全を支援するために、モノのインターネット(IoT)技術を活用する共同研究開発のパイロット計画を進めるとした。これは、3月22日「世界水の日」を契機に公表された計画だ。

 この産学共同研究プロジェクトは、同大学のナショナル・センター・フォー・センサー・リサーチ(National Centre for Sensor Research)を通じて、DCU水研究所(Water Institute)が保有する環境センシングにおける専門知識と、IBMのコグニティブ(=認知)IoT環境ソリューションの取り組みを結び付けるもの。このパイロット計画の一環として、IBMはDCU水研究所の産業諮問委員会(Industry Advisory Council)へ参加する。

 この共同研究において注目すべき点は、DCUの次世代センサー技術にある。同センサーは、水質の重要な側面を、すでに実用化されている商業的な技術よりも大幅に低いコストでモニターする能力を持ちうるからだ。将来的にIBMの環境IoTプラットフォームと組み合わされたとき、グローバル規模の水管理において、きわめて重要なメリットをもたらす可能性があると期待されている。

 IBMの機械学習(マシンラーニング)およびコグニティブIoT技術を組み合わせた DCUセンサーは今後、天然資源を保全し、淡水および海洋環境の両方で、水質など環境管理問題に効果的に対処することを目指す。

 IBMリサーチのエンジニアであるハリー・コラー氏は、「今後 数年間のうちに、IoT技術は環境や天然資源の保全支援に重要な役割を果たすものと確信しています。IBMリサーチでは、DCU水研究所と共同で水管理の未来へ向けて、IBMのコグニティブIoTの環境モニタリングおよび管理における専門知識を活用することに大きな期待を寄せています」と述べている。

1 2