米ITメディア「2017年に注目すべき海外AIスタートアップ5社」

米ITメディア「2017年に注目すべき海外AIスタートアップ5社」

Posted date:2017.01.19

ViSenze_人工知能_2017
photo by ViSenze

 人工知能(AI)は2017年も、社会およびビジネス的に大きな話題となりそうだ。Googleサンダー・ピチャイCEOは過去に、世界が「モバイルファースト」から「人工知能ファースト」で動きはじめていると指摘したこともある。

 企業間の買収競争も激しい。2016年には、インテルがネルヴァナ・システムズ(Nervana Systems)を、クラウドコンピューティング・サービス企業セールスフォース・ドットコムは、メタマインド(MetaMind)をそれぞれ買収した。そして今年に入り、マイクロソフトが人工知能スタートアップ「Maluuba」を買収したと発表した。

 そんななか、IT専門メディア・ベンチャービートが、今年注目の人工知能スタートアップ5つを紹介した。

 はじめに紹介されていたのは、ベイ・ラボラトリーズ社(Bay Labs)。ディープラーニングを使用した医療イメージングを提供する企業だ。以前、Googleの気球を用いた移動体通信システムを構築する「プロジェクト・ルーン(Project Loon)」に従事していたヨハン・メス(Johan Mathe)氏などが在籍する。フェイスブック人工知能研究所ヤン・ルクン(Yann LeCun)所長をはじめ、コースラ・ベンチャーズ(Khosla Ventures)などが投資を行っている。

 二番目に紹介されていたのは、セレブラス・システムズ(Cerebras Systems)。代表を務めるのは、アンドリュー・フェルドマン(Andrew Feldman)氏だ。フェルドマン氏は、マイクロサーバー企業であるシーマイクロ(SeaMicro)を、半導体企業AMDに売却して注目を集めた。売却価格は3億3400万ドルだった。セレブラス・システムズは、AIのハードウェアを開発しているそうだが、現在は“ステルスモード”(情報非公開)でその実態はあまり知られていない。ただ、ベンチャーキャピタル・ベンチマークなどから、2000万ドル以上の資金を投資されていると報じられている。

1 2

参照
venturebeat.com
baylabs
visenze
graphcore
deepvision