米・法律事務所がロボット弁護士を採用...破産関連業務を担当

rossintelligence_ロスインテリジェンス
photo by ROSS Intelligence

 米国のローファーム「ベーカー&ホステトラー(Baker&Hostetler)」が「AI弁護士」を採用した。いわゆる人工知能・ロボット弁護士の登場に注目が集まっている。

 今回、シリコンバレースタートアップであるロス・インテリジェンス(ROSS Intelligence)が開発した人工知能「ロス」(ROSS)は、ベーカー&ホステトラーで人間の弁護士50人とともに、破産関連の業務を担当することになった。16日、米各メディアが詳細を報じている。

 ロスの役割は、マシンラーニング(machine learning)を通じて、数千件の関連判例を収集・分析した後、ベーカー&ホステトラーが担当する事件に役立つ内容を抽出すること。本来、この手の仕事は、大学を卒業したての経験の浅い弁護士が引き受けてきた。ロス・インテリジェンスCEOのアンドリュー・アルーダ(Andrew Arruda)氏は、ロスがIBMのAIプラットフォーム「ワトソン」をベースに製作された「世界初のAI弁護士」だと説明した。

「ロスは、関連する判例の一部を示し、(人間の)弁護士と相互作用をはかることができる(中略)これまで弁護士が使用してきた静的判例検索ソフトウェアは、必要な情報を見つけるために数時間を要した」(アルーダ氏)

 ただベーカー&ホステトラーのボブ・クレイグ(Bob Craig)CIOは、「ロスは人間の弁護士を代替する手段ではなく、彼らがより早く動き、学び、向上するよう支援する補助ツールだ」とした。アルーダCEOも「人間の弁護士は、私たちが作ったシステムの中心」と強調している。

「ロスがあれば、弁護士は、依頼人の弁護に専念することができ、必要な判例を探す時間を削減でき、より創造的な仕事ができる」(アルーダCEO)