ドローンメーカー・プロドローンが米スタートアップ企業GRADと共同で「落書き消しドローン」開発

ドローンメーカー・プロドローンが米スタートアップ企業GRADと共同で「落書き消しドローン」開発

Posted date:2017.10.05

photo by prodrone.jp

 日本のドローンメーカー・プロドローンの米州販売子会社「Prodrone Inc.」が、カリフォルニア州サンノゼ市のスタートアップ企業GRADと共同で「落書き消しドローン」を開発する。
共同開発する「落書き消しドローン」はプロドローンが国内で開発。米国内での実稼働は2018年中を予定している。

 アメリカ・サンノゼ市とカリフォルニア州の道路管理を行う「Caltrans(カリフォルニア交通局)」は道路壁や高架、橋脚などに違法に描かれた落書きを消すために、多額の費用に悩まされてきた。

 そこでサンノゼ市は、テクノロジーを利用し政府業務などの改善を図る非営利団体「Innovate Your State」と共同で、「Unleash Your Geek」という市内道路の落書きを消すソリューションのコンテストを実施した。

 そのコンテストでは、クリス・ファーマー氏とキャンディス・マルベリー氏率いるGRADが、140社の中から選ばれ優勝した。GRADが提案したソリューションは、プロドローンの壁面張り付き型ドローン「PD6-CI-L」を用いて、「落書き消しドローン」を開発するというものだった。

 Unleash Your Geekのプレゼンターであるサンノゼ市長サム・リカルド氏は、9月13日に行われた発表イベントで「この落書き消しドローンが実現すれば、落書きを消すための交通規制や、1回6万ドル(約670万円)ほどかかる経費も削減できるため、大いに期待しています」とコメントを残している。