【ドローンビジネス】DroneGames社・黒田潤一代表インタビュー

ドローンゲームスロゴ
photo by DroneGames

ドローンが日本で普及しはじめ間もない頃から、関連イベントやコンサルティング、講習会、空撮など幅広いビジネスを展開してきたDroneGames社。今回、ロボティア編集部では、同社代表を務める黒田潤一氏に取材。ビジネス現場から見た、今後のドローンの性能向上の可能性や、関連ビジネスの最新動向を伺った。

以下、インタビュー(太字は質問)

―2015年からドローン関連のビジネス、イベントで幅広く活躍中のDroneGames社ですが、主な業務内容はどういったものになるのでしょうか?

 弊社では、ドローンを使ったイベント、空撮など映像制作また、ドローン導入を検討されているクライアントの方々へのコンサルティングなどを主な業務にさせていただいています。ただドローンは現在、普及期という実情がありますので、業務としてはコンサルティングの比重が大きいです。

 その他にも、ドローン体験会や、勉強会などもサポートさせていただいています。勉強会について詳しく説明させていただくと、例えば以前、土地開発を進めるクライアントの方から相談がありました。太陽光パネルを設置したり、リゾートホテルを作る際に事前資料を作るのですが、そこでドローンを採用したいというものです。そのような場合、まずは弊社で撮影をさせてもらいつつ、次回から社員の方々に飛ばしていただけるよう、研修という形でノウハウを提供させていただいています。

―黒田氏は、かなりはやい段階からドローン関連ビジネスを構想・展開されています。もともと、どのような契機でドローン関連ビジネスをはじめることになったのでしょうか。

 私自身はもともと、教員を目指していたということもあり、幼い学生向けの体操スクール、スポーツスクールを運営していました。当時、DJI社の「Phantom2」が発売された頃だったのですが、偶然、ドローンを飛ばしている方にお会いすることになりまして。その方の影響でドローンを購入して、子供たちを空撮してあげていました。

 子供たちは飛んでいるドローンを見て喜んでくれましたし、ドローンで撮影した映像を見せても喜んでくれました。ドローンはまるで、魔法のようなツールだなと。巷でもちょうどその頃から、ドローンビジネスの可能性がニュースなどで報じられるようになりました。すでに、趣味半分でドローンに関わるようになったのですが、ビジネスとして何かおもしろいことができるんじゃないかということで、レースやイベントを企画しようという流れになりました。その後、法人を設立して現在にいたっています。

河鐘基

記者:河鐘基


1983年、北海道生まれ。株式会社ロボティア代表。テクノロジーメディア「ロボティア」編集長・運営責任者。著書に『ドローンの衝撃』『AI・ロボット開発、これが日本の勝利の法則』(扶桑社)など。自社でアジア地域を中心とした海外テック動向の調査やメディア運営、コンテンツ制作全般を請け負うかたわら、『Forbes JAPAN』 『週刊SPA!』など各種メディアにテクノロジーから社会・政治問題まで幅広く寄稿している。