誰でも使えるGoogleのAI開発ツール「AutoML」...3つの利点と欠点とは何か

誰でも使えるGoogleのAI開発ツール「AutoML」...3つの利点と欠点とは何か

関連ワード:AutoML Google 画像認識

Posted date:2018.01.29
Photo by AutoML

人工知能(AI)によって新たな人工知能を生み出す技術が開発されつつある。Google(グーグル)の「AutoML」は、その代表格である。AutoMLは学習した親(もしくは教師)となる人工知能が、何も知らない子となる人工知能を教える技術だ。そうした関連技術が発展していけば、人が人工知能を学習させる世界から、人工知能が人工知能を教える世界に移り変わっていくかもしれない。

AutoMLには、最新の機械学習技術である「転移学習」(Transfer learning)と、「ラーニング・トゥ・ラーン(Learning2learn)」が使われている。

転移学習とは、特定の用途のためにつくられたAIを、他の用途にも使うことができるようにする技術だ。例えば、囲碁のために作られたAIを、チェスでも使えるようにするというものである。これまでの人工知能は、特定の用途でしか利用できなかった。しかし、転移学習が発展すれば、囲碁AIがチェスAIに変化したり、もしくは人間を認識する方法を学んだ人工知能が自律走行車を運転することができるようにかもしれない。

なおラーニング・トゥ・ラーンはもともと、教師が新しいことを学び、それを学生に教える教育手法を意味するが、機械学習の領域では人工知能が強化した自らのアルゴリズムとニューラルネットワークを他の人工知能に伝達する手法を指す。

AutoMLをはじめ、それら人工知能を生み出す人工知能の存在は、学習および商用化に苦労を重ねている企業の悩みを解決してくれる革新的な技術になる可能性があったが、研究や開発が一筋縄ではいかず、実際に実務やサービスに採用するのは難しかった。そんな背景のなかで、クラウドコンピューティングを使ったAutoMLの商用化が開始された。

Googleは1月17日、自社クラウドプラットフォーム(GCP)を通じて、AutoMLを利用できるサービス「クラウドAutoML」を公開した。クラウドAutoMLはGCPを通じて、企業がより簡単にAutoMLを自社AI開発に活かせるようにするサービスだ。

クラウドAutoMLは、既存のオープンソースベースのAIライブラリや、クラウドベースの人工知能APIと比べて、3つの利点を有していると分析されている。

1 2 3