誰でも使えるGoogleのAI開発ツール「AutoML」...3つの利点と欠点とは何か

誰でも使えるGoogleのAI開発ツール「AutoML」...3つの利点と欠点とは何か

関連ワード:AutoML Google 画像認識

Posted date:2018.01.29

最初の利点は、「人工知能モデルの優れた精度」だ。クラウドAutoMLは、Googleが事前に学習させた人工知能モデルを活用して企業の人工知能を学習させるため、より正確な方向に人工知能を学習させることができる。企業にAIを学習させる専門家がいなくても、比較的容易にAIモデルを作ることができる。

ふたつめの利点は、「より高速な開発スピード」だ。クラウドAutoMLを活用すれば、オープンソースやAPIを活用するよりも早く人工知能モデルを開発することができる。サービスに使う単純なモデルは数分で作成することができ、完全な人工知能モデルは一日か二日であれば完成することができるとされている。これまで、数週間、長ければ数ヶ月かかるとされてきた開発期間を大幅に短縮することができる。

3つめの利点は、「インターフェースの使いやすさ」だ。クラウドAutoMLでは、難しいテキストベースのプログラミングインタフェースではなく、直感的に理解しやすいグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を通じてAI開発を進めることができる。基本的なプログラミングの知識は必要であるが、Python、Rなど高度なプログラミング言語を完全に熟知していなくても、人工知能の開発を始めることができる。

一方、欠点もある。ひとつは、コンピュータビジョン(見る能力)に関連する人工知能だけつくることができるという制限だ。クラウドAutoMLは、現在「クラウドAutoMLビジョン」という名称で公開されている。この技術を使えば、人や物を区別したりするAIを開発することはできるが、チャットボットや翻訳AIを開発することはできない。

GoogleのクラウドAIチーフサイエンティストであるFei-Fei Li氏は「クラウドAutoMLは今まさに始まったばかりの技術。現在は、コンピュータビジョン関連機能のみ公開されているが、今後、自然言語処理や音声認識など他の機能を備えたAIも開発できるように、クラウドAutoMLを発展させていく」と述べている。

もうひとつの欠点は、誰でも利用できるサービスではなく、Googleに申し込みをした後に利用することができる「アルファテストサービス」であるということ。なお申込みを済ませば、デフォルトのサービスは無料で利用できるが、Googleが提供するさまざまな機能を追加すると個別に料金がかかる。

1 2 3