LINEがサービス向上のため取り入れている無数の人工知能とは

LINEがサービス向上のため取り入れている無数の人工知能とは

Posted date:2018.08.30

その他にも、広告運用にも人工知能が利用されている。広告のクリック率(CTR)を予測するマシンラーニング・アルゴリズムが一例だ。また広告画像の作成には「敵対的生成ネットワーク」(GAN)が使われているという。人工知能導入の成果は大きく、eCPMが2倍上昇したと関係者は話している。なお昨年までは、一日前のデータを使っていたが、最近では「リルタイムマシンラーニング」も導入。1分、もしくは5分前のデータを使えるほどに性能が向上しているという。

「マシンラーニングの競争力は、最終的にはデータ量」と、LINEプラス関係者は言う。現在では、過去のIDと、現在のIDを分析して同一ユーザーであることを判別するのにもマシンラーニングが使われているという。LINEプラスのソン・ミンチョル氏は、人工知能のカテゴリに含まれる技術や活用事例は多様だが、本質的には「データ分析」だと強調している。人工知能はもはや特別なものでなく、LINEの広告プラットフォームだけでも数多くの関連技術が使われているとの説明だ。

参照サイト

1 2