10年後の未来、面接やデートはオンライン分身がこなす!?

10年後の未来、面接やデートはオンライン分身がこなす!?

関連ワード:

Posted date:2015.12.08

PedroDomingosペドロドミンゴス
ペドロ・ドミンゴス教授 photo by SAS.com

 11月16日、米ワシントン州立大学のコンピュータサイエンス・工学科ペドロ・ドミンゴス(Pedro Domingos)教授は、16日にウォールストリート・ジャーナルで機械学習(machine learning)分野の発展について現状と展望を紹介しつつ、「10年以内にオンライン分身(alter ego)が、私たちの代わりに面接や交渉を行うようになるだろう」と断言した。

 オンライン分身は自分の代わりにさまざまなタスクをこなしてくれる、デジタル世界のもうひとつ(ひとつとは限らない)の自分を指す。

 現在すでに、GoogleやAmazonなどいくつかの会社がユーザーの情報を収集、各社が開発する機械学習アルゴリズムを使用して、潜在的な要求がある商品を予測、販売する方法を模索している。これも見方によっては、自分の分身がデジタル世界で生成されている萌芽ともとれる。しかしこれらのアルゴリズムと、ドミンゴス教授が指摘するオンライン分身は大きく2つの点で異なる。

 まず、Google、アマゾンのアルゴリズムはユーザーの便宜を図りもするが、同時に自社の利益を追求する。そもそも本来の目的は後者であり、建前としてユーザーに最適化した広告を示すだけだ。しかも、その選択された広告は広告主が提示するものである。

 次にGoogleやAmazonが作る分身は、ユーザーの検索履歴や購入履歴という断片的な情報だけを持って作成されたものに過ぎず、ユーザーのすべてを理解、再現しているとはとても言い難い。現在、個人の情報が多ければ多いほどより正確な分身を作ることができるが、ユーザー自ら、すべての情報を企業に任せるという風にはなっていない。あくまで、自分に関する情報は自分が管理しコントロールしている。

 が、ドミンゴス教授は今後、銀行のように、個人のすべての情報を預かり管理する新しいタイプの企業が登場するだろうと予想。また、いわゆるこの“個人情報銀行”は、人類史上初となる数兆ドルのビジネスになるとも指摘している。

「初めて銀行が生まれた時、銀行にお金を預けるのは危険で疑わしいことだった。同じく自分のすべての情報をとある会社に任せてデジタル分身を作るという行為は危険ように見えるが、すぐに当然のこととして受け入れられるようになるだろう」(ドミンゴス教授)

1 2

参照
theaustralian.com
yonhapnews