障がい者を支援…AIやIoT活用の外骨格ロボット&ウェアラブル機器の市場が急成長

障がい者を支援…AIやIoT活用の外骨格ロボット&ウェアラブル機器の市場が急成長

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2017.01.17

外骨格ロボット_マラソン_リウォークロボティクス
photo by instagram

 昨年9月、妊娠16週の妊婦クレア・ロマス(Claire Lomas、36歳)さんは、ノースイーストイングランドで行われたグレートノースラン・ハーフマラソン(Great North Run - Half Marathon)に出場し完走に成功した。彼女が妊婦であるという事実は驚くべきことがが、さらに特筆すべきこともある。彼女は麻痺障害者だった。

 ロマスさんは2007年に乗馬事故に遭い、胸の下が麻痺して歩くことも困難な状態だった。それでも5日にわたって歩き、最終的にゴールまで到着した。ロマスさんが完走できた理由のひとつに、装着した外骨格(exoskeleton)ロボットがあった。

 英兵士ジェームズ・ジョンソン(James Johnson、33歳)氏は、2012年にアフガニスタンにて従軍し、下半身が麻痺する事故に見舞われた。彼もロマスさん同様に、胸の下の感覚がまったくなく車椅子で生活していた。ジョンソン氏の夢は再び一人で歩くこと。そして友達とお気に入りのレストランに行くことだった。

 2015年、ジョンソン氏の夢は実現した。イスラエルのロボットメーカーであるリウォークロボティクス(rewalk robotics)のウェアラブルロボットを着用し、自ら歩けるようになったのだ。リウォークロボティクスは昨年9月までに、コミュニティを通じて外骨格ロボットを合計100台販売したとしている。

 外骨格ロボットはそもそも、1960年代に米海軍が初めて開発したものだ。腕にロボットを装着し、重い砲弾を運ぶためだった。現在、兵士の作戦遂行はもちろん、工場労働者が重い荷物を運ぶ仕事をする際、効率と安全のために使用されている。

1 2 3

参照
scientificamerican.com
pikiran-rakyat.com
wareable.com
spinal-research.org