ネズミを模倣した画期的ロボットナビシステムを豪大学が開発…地下空間で威力発揮

ネズミを模倣した画期的ロボットナビシステムを豪大学が開発…地下空間で威力発揮


Posted date:2017.06.09


photo by TheQUTube


 ネズミは複雑な道でも迷わず、簡単に抜け出す優れた能力を持っているとされる。というのも、その脳重量はわずか2gだが、見知らぬ地形にすぐに適応する非常に特殊なニューロンを持っているからだ。例えば、特定の対象物や境界線を認知するニューロン、また一定距離ごとに定期的に反応するニューロン、向かう場所を記憶するコンパスのようなニューロンなどだ。それらニューロンが複合的に機能し、ネズミは短時間で複雑な道を抜けていく。そしてその過程が繰り返されることで、ネズミが持つ能力はさらに向上する。

 豪クイーンズランド工科大学(Queensland University of Technology:QUT)」のマイケル・ミルフォード(Michael Milford)、ゴードン・ワイス(Gordon Wyeth)教授チームは、そんなネズミの能力に注目。脳をモデル化したロボットナビゲーションシステムを研究している。研究者らは、ネズミの脳を模倣したロボットが登場すれば、高価な部品が必要なくなり、低コスト高性能なロボットを実現できると期待している。

 GPSや3Dライダーのような装置は、室内空間や地下空間では力を発揮しにくい。そのため、ロボット研究者たちはSLAM(simultaneous localization and mapping)という方法を通じて室内空間でマップを作成し、道を見つけるという技術を研究中である。QUTの研究者たちは、ネズミの脳を模倣するという側面から、自らの研究成果を「ラットスラム(RatSLAM)」と名付けている。

 QUTの研究者によると、ネズミは道を脱出するために頭の中に地図を作らないという。それでも、ネズミは自分の場所を特定する独自の方法を持っている。ネズミの位置細胞(place cell)と方向検出細胞(head-direction cell)が存在するのだが、それらが特定の対象物を確認したり、方向を測定するのに役立てっているというのだ。

1 2

参照
spectrum.ieee.org