中国がドローンパイロット養成に注力、スクール数40校以上

中国がドローンパイロット養成に注力、スクール数40校以上


Posted date:2016.02.12


中国ドローン教室

photo by AP


 ハードウェアの大規模な生産で力を見せていたドローン大国・中国が、ドローンを操縦するパイロットの養成にも力を入れ始めている。

 中国には現在、ドローンパイロットを養成するスクールが40校以上開校しており、盛況とのこと。新しいタイプのドローンが次々と開発されるなか、それら扱うことができる専門家がより必要とされており、スクールビジネスもさらに需要が出てくるのではないかと予測されている。

 北京のドローンの製造・販売起業であるTT航空技術は、2週間のドローンパイロット養成短期集中コースを運営している。受講料は8000元(約13万6000円)。受講生は、ドローンに関する規制内容を学習し、フライトシミュレータ実習法やドローンの操縦方法を学ぶことができる。

 教育を終えた受講生は、中国の民間航空局(CCAA)が主管するドローン免許試験を受ける。免許証を取る場合、重量7㎏、飛行高度120m以上のドローンを操縦できなければならない。

 受講生の男性(24歳)は「免許を取得してドローンパイロットとして働けば、中国の月平均所得より多い5000元(約8万5000円)以上を稼ぐことができる。熟練したドローンパイロットは、そのさらに2倍以上の給与をもらっている」と話す。その男性は加えて、「ドローンサービス関連企業を設立、運営したい」とし「ドローン事業は今後、需要が高まる分野だ」とした。

 TT航空技術の運営関係者は「今年、中国だけでも1万人以上のドローンパイロットがすでに必要とされているが、現在、免許を持っている人は1000人ほど」とし「ドローンの操縦は自動車の運転と同じ。体系的な技術を訓練しなければならず、オペレーションに先立ち関連規則も習得しなければならない」と説明している。

 中国では、ドローンは農業と物流、映像産業、治安などの分野でイノベーションを起こす「ゲームチェンジャー(game-changer)」として脚光を浴びている。並行してロボット工学や自動化分野の需要や人件費が増加傾向にある。中国・深セン市にあるドローンメーカー・DJIは、米投資業界から80億ドル(約9000億円)の価値があると評価された。

1 2