シンガポール政府・官庁がドローン活用を積極的に拡大

ロボティア編集部
ロボティア編集部

ウォータースパイダー_ホープテクニク_ドローン
ウォータースパイダーphoto by hope technik

 シンガポールでは現在、政府および各官庁が主導し、さまざまな分野でドローンの活用が計画・実施されている。

 まず、エルニーニョ現象による異常気象で、デング熱、ジカウイルスの感染が懸念されるなか、蚊の繁殖地を確認したり、駆除するためにドローンが活用されている。というのも、蚊の繁殖地は主に排水路など人間が近づきにくいところにあるため、これらを確認するためドローンの利用が効果的だからだ。シンガポール国家環境庁(National Environment Agency=NEA)によると、ドローンを活用することで蚊の繁殖地を特定するコストを削減でき、また駆除隊がウィルスに感染することを予防するなど安全確保にも効果をあげるだろうとしている。

 また、シンガポールでは油流出事故や海難事故発生時に、事故現場の状況確認や情報伝達のため、ドローンを活用することを想定している。ヘリコプターや人工衛星を使用して状況を把握する既存の方法では、手順が複雑で、時間がかかってしまう。ドローンを活用すれば、より早く、正確な状況把握と対処が可能になるということで、期待が高まっている。

 シンガポール海事港湾庁(Maritime and Port Authority of Singapore =MPA)は、ホープテクニク(シンガポールを拠点とするベンチャー企業)と協力し、海上で離着水可能な海上専用ドローン「ウォーター・スパイダー(The Water Spider)」を開発した。海事港湾庁は海上でのドローンの活用を拡大するため、油流出事故発生時に油の量を測定する機能や、化学物質の識別、遭難者の感知する機能などを開発中である。

 シンガポール国土開発部(Ministry of National Development=MND)の傘下機関であり、都市計画および、歴史文化的遺産を保存する役割を担うシンガポール都市再開発庁(URA)は、スタートアップ・アベティクス(Avetics)と提携。ドローンによって撮影された航空写真を参考にし、歴史文化的建造物の3Dデジタルモデルを作成し復旧保存作業を進める傍ら、それらデータをインターネットで公開している。