世界的に深刻化する水不足…IoT技術をどう活用する!?

世界的に深刻化する水不足…IoT技術をどう活用する!?

Written by Pocca

Posted date:2016.07.26


人工知能_水不足

photo by Ureport


 関東地方の水不足が深刻化している。先月、6月としては29年ぶりに、利根川水系での10%取水制限が始まっており、プール営業など日常生活だけでなく、産業活動にも影響が及びそうだ。

 昨今の水不足は日本だけでなく、世界中で懸念されている。今年5月に気象庁が発表した報告書によると、東南アジアでは 2015年春以降、12か月降水量が場所によって平年の60%を下回るなど、降水量が少ない状態が続いているという。

 地球温暖化による異常気象や人口増加・産業発展による水需給の拡大など、水不足の原因はさまざまだ。今後、水を供給するためのインフラ需要が爆発的に伸びることが予想されており、水ビジネスは国を挙げた一大産業となりつつある。

 イギリスの水専門調査機関であるグローバル・ウォーター・インテリジェンス(Global Water Intelligence)によると、2025年には世界の水ビジネス市場は8650億ドル(約92兆212億円)にまで増えて行くと予想されている。また、韓国の大手証券会社である、未来アセット大宇証券の発表によると、世界の水ビジネス市場は2018年に6890億ドル(約73兆2900億円)にまで膨らむ見通し。2013年には5560億ドル(約59兆1400億円)規模だったことに比べると、その成長ぶりは顕著だ。

◼シンガポール「三つの水」で完全自給も視野に

 ほとんどの水資源を隣国マレーシアに頼ってきたシンガポールが、水自給率向上のために掲げた「ニュー・ウォーター」政策。テクノロジーを駆使した水処理技術を、自国産業の競争力強化につなげる戦略が軌道に乗っている。

 シンガポールは東京23区と同じぐらいの面積の島で、降水量は多いが、国土が狭いため保水力が乏しく、マレーシアから水を輸入してしのいできた。政府は水問題の解決を最重要課題とし 、三つの取り組みによって水供給システムを構築した。第一に貯水である。

1 2 3 4