【サービングドローン】インフィニウムロボティクスCEOインタビュー

【サービングドローン】インフィニウムロボティクスCEOインタビュー

Written by 河鐘基

Posted date:2016.03.13


Woon Junyang Profile

ウン・チュンヤンCEO photo by Infinium Robotics


 配膳ドローン=サービングドローンを発表し、一躍、世界の注目を集めたシンガポール企業・インフィニウムロボティクス(Infinium Robotics)。東南アジア地域におけるドローンビジネスの先駆けともいえる同社が描く、ドローンビジネスの展望とは。ロボティア編集部でCEOのウン・チュンヤン(Junyang Woon)氏に取材した。

―以下、インタビュー(太字は質問)

―CEO自身、もしくはインフィニウムロボティクス(Infinium Robotics)が、ドローン事業に関わりはじめた理由や動機は何でしょうか。会社設立にいたるまでの経緯を、読者のために簡単に説明いただけますでしょうか

 インフィニウムロボティクスは、生産性の向上を可能にする無人航空機システム(UAS)の提供を大志として抱いた、情熱的なロボット研究者たちによって、2013年に設立されました。

 会社設立を通じて、我々チームはすべての人々の生活をより良くすることができると考えています。インフィニウムロボティクスが強調するのは「UASs for Good」。私たちのすべてのプロダクトやサービスが、その言葉によって定義されていることを保証します。

 インフィニウムロボティクスは2014年に、F&B(food-and-beverage service=料飲部門)や物流分野におけるロボットソリューションの研究開発(R&D)を行うために、SPRINGシンガポール(規格・生産性・革新庁)が行っている、技術企業商業化支援制度(Technology Enterprise Commercialisation Scheme:TECS)から、25万ドルの助成金を授与されました。

1 2 3 4 5

参照
infiniumrobotics.com