中国EC最大手・京東グループ、ドローン配送計画を発表

中国EC最大手・京東グループ、ドローン配送計画を発表

関連ワード:JD ドローン配送 中国

Written by 川ノ上 和文

Posted date:2016.06.06

京東_ドローン
photo by 京東

 第二回烏鎮(ウージェン)インターネットサミットで、京東グループCEO・劉強東(リウ・チアンドン)氏が、ドローン配送計画および京東物流実験施設の設立を発表した。京東はメディアに対しテスト飛行の写真を公開したが、ドローンの大部分は京東のロゴに覆われており、機体の詳細については不明のままだ。

 京東は5月に上海で開催されたCESアジアで2台のドローンを展示した。VTOL固定翼ドローンと、Y-6マルチコプタードローンだ。発表によると、同社のドローンは飛行時間と積載重量によってタイプが区別されている。VTOL固定翼ドローンは連続飛行が1時間強、積載重量は約5キロ。一方、Y-6マルチコプタードローンは10キロまで積載できるが、連続飛行時間は40分となっている。

京東ドローン2
VTOL型固定翼ドローン photo by 京東

京東ドローン
Y-6マルチコプタードローン photo by 京東

 なお、このふたつの機体は京東が構想している配送用ドローンとは異なるものだという。とはいえ、2種のドローンはすでに生産が始まっており、農村での試験飛行段階にある。機体は一般販売用ではなく、京東の貨物輸送用として使用される予定だそうだ。

 京東関係者は中国メディア・雷峰網の取材に対し、連続飛行時間および積載重量が、配送用ドローンを完成させる上で重要な課題だとしており、今後も様々なニーズに応じて、数種類の機体をリリースしていくとしている。

 配達ドローンには、飛行時間と積載重量以外にもいくつかの課題がある。例えばそのひとつに、「どのように利用者の手元まで荷物を届けるか」という問題があり、これについては配送大手アマゾンも悩まされている。アマゾンが現在取り組んでいるのは、利用者の庭に目標となるマークをつけ、その上にドローンが荷物を置く仕組みだ。この方法は、密集度が高くないアメリカの住宅地では実現の可能性が高いが、事情が異なる中国の都市部では困難。そのため、京東では住居密度が比較的低い農村をターゲットに、ドローン配送を実現する道を模索している。

1 2

参照
.leiphone.com
.techweb.com.cn
tech.qq.com