米国と中国の企業がコラボ「ドローン臓器配送計画」発表

米国と中国の企業がコラボ「ドローン臓器配送計画」発表

Posted date:2016.05.05

ehang184_イーハン184
イーハン184 photo by ehang

 人間の臓器をドローンで運ぶ計画が浮上している。米バイオテクノロジー企業ラング・バイオテクノロジー(Lung biotechnology)が、中国のドローンメーカー・イーハン(Ehang)と提携、臓器を輸送する計画だと、5日、欧米メディアが伝えた。

 ラング・バイオテクノロジーは人工臓器を製造・提供している企業だ。今回、イーハン側は1000台の臓器輸送用ドローンを、15年間にわたり同社に供給する契約を締結した。

 臓器輸送に使用されるドローンは「イーハン184」。イーハンは今年1月、米ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー2016(CES2016)で、人を乗せて飛行できるドローン・イーハン184のデモモデルを出展、注目集めた。イーハン184は大人1人を乗せて、時速16〜104kmで飛行することができるというのが、同社の説明となっている。

 イーハンは、ラング・バイオテクノロジー側が開発した再生臓器や、移植用の豚の臓器を輸送することができるよう、ドローンを改造する予定だという。改造されたドローンは、スマートフォンのアプリケーションに入力された経路に沿って、半径16km以内にある、ドローン充電用パッドが備えつけられた病院に、臓器を輸送するという計画となっている。

 人工臓器および臓器輸送用ドローンのコラボは、臓器移植分野に一線を画すものと見られている。ラング・バイオテクノロジー側は「これまで脳死者が寄付した臓器だけを移植してきたので、何千人もの人々が、臓器移植の順番を待ちながら死んでいった」と、その着想の背景とドローン輸送実現のメリットについて言及している。

1 2

参照
engadget.com
prnewswire.com
mashable.com