ロシア大手銀行がドローンで現金輸送へ!…強奪対策も導入

ロシア大手銀行がドローンで現金輸送へ!…強奪対策も導入


Posted date:2017.05.31


photo by Unsplash


 ロシア最大の銀行「ロシア貯蓄銀行(スベルバンク)」が、ドローンで送金する計画を進めている。

 同銀行のStanislav Kuznetsov副会長は、ロシア経済紙・ベドモスチのインタビューを通じて、タタールスタン共和国カザン市にある支店に現金を運搬する際、ドローンを利用することを検討していると明らかにした。また現金以外のものを輸送する際にも、ドローンを活用する案を検討しているとしている。

 スベルバンクのCEO・German Gref氏はこれについて、「(ドローン輸送中の)現金を強奪されそうになった場合に、すぐに捕捉できるセキュリティ機能を備えることになる」と補足している。

 ロシアでは最近、産業用ドローンが商業目的に使用されるケースが増えてきた。例えば、ロシア国営通信社・ロステレコムは、ドローンを農業や水資源管理に使用する旨を明かしている。ドローンを通じて得られた空間情報は、各企業に販売される予定となっている。

【関連記事】>>>プロドローンがドローン配送用「PDH-01」発表…なんでもドローン化「ANYDRONE」構想も
【関連記事】>>>米クアルコム「ドローン配送と購入者認証システム」の特許を登録

参照
forbes.com
rt.com
micetimes.asia