ドローンをバズーカーで撃退!?捕獲兵器「スカイウォール100」

ロボティア編集部
ロボティア編集部

スカイウォール100_skywall100
photo by オープンワークスエンジニアリング

 海外ではドローンによるトラブルが増えるなか、これを撃退するさまざまな装置の開発が進められている。今回、100mの射程を持つ、網を発射するバズーカ 「スカイウォール100(SkyWall100)」が登場し注目を集めている。開発したのは英スタートアップ企業「オープンワークスエンジニアリング(OpenWorks Engineering)」だ。

 スカイウォールの重量は約10kgで、発射後のリロード時間は8秒だ。圧縮空気を利用した“砲弾”を撃つと、空中でネットが張られ、ドローンを捕獲することができる。安全な着陸を実現するためにパラシュートも付属しており、捕獲による墜落事故を防ぐことができる。

 精度を高めるためのスマートスコープや、距離を測定・射撃可能な位置を通知するターゲット機能も搭載されている。今年末に発売予定される予定で価格は公開されていない。

(ロボティア編集部)