米国科学振興協会「機械が人類の半分以上を失業状態に追い込む」

米国科学振興協会「機械が人類の半分以上を失業状態に追い込む」

関連ワード:

Posted date:2016.04.02

モシェ・バルディ教授
モシェ・バルディ教授 photo by ufrgs.br

「今後30年の間に機械が人類の半分以上を失業状態に追い込む」また「人工知能が経済に及ぼす影響を決して過小評価してはならない」という主張が、米国科学振興協会(AAAS)によって発表された。

 ライス大学電算学科教授であり、グッゲンハイムフェローであるモシェ・バルディ(Moshe Vardi)氏は、AAASとの対話、また同会の年次総会で次のように述べている。

「機械がほぼすべての仕事で、人間よりも抜きんでる時代が近づいています。(中略)私はその時代が到来することに備えなければならないと考えています。機械が人間の仕事をほぼすべて代替するようになったら人間は何をすべきでしょう」

 近年、スティーブン・ホーキング氏、ビル・ゲイツ氏、イーロン・マスク氏らは、似たような趣旨の発言をしたことがある。ホーキング氏は人工知能が「人類に終末をもたらすかもしれない」と述べ、一方のマスク氏は「過去最大の存在論的危機に人間が直面している」と言及した。人工知能に対する不安は、殺人ロボットを禁止しようという主張を持った人々をUN前でデモに駆り立ててもいる。

 一方で、バルディ氏が主張する“人間が直面しているリスク”というのは、人工知能が暴走して人類が支配されるというような話ではない。人工知能が人類の失業率を50%まで引き上げ、中間層が消滅、不平等が拡大するというものである。

 バルディ氏は、人間よりも優れた“筋力”を持つ機械が生まれた19世紀の産業革命と、現在、目前に迫っている“人工知能革命”は根本的に次元の異なるものだとする。後者は、筋力に加え知的能力の面においても、人間と機械が対決するということを意味する。中国ではすでに、フォックスコンやサムスンが人間の労働者を代替えする精密なロボットを開発しており、数千の働き口が消えてしまった。

 バルディ氏はまた、知能ロボットが人間を補助し、労働者が週に数時間だけ働いて余暇時間を楽しめるとしたジョン・メイナード・ケインズ氏の“バラ色の夢”や、Google技術責任者であるレイ・カーツワイル氏が夢想するような、人類と超人工知能が作るユートピア的特異点(the singularity)についても言及。懐疑的な意見を見せた。

「私は休息だけが存在する生活に魅力を感じませんし、そのような未来が望ましいとも考えていません。私は仕事が人間の幸福に不可欠な要素であると考えています」

1 2 3

参照
theguardian.com
aaas
newsquare