世界で徐々に増える農業を支える人工知能とロボット

世界で徐々に増える農業を支える人工知能とロボット

関連ワード:農業

Written by Pocca

Posted date:2016.07.08

衛星写真_農業_landsat
photo by NASA

 先月、九州各地を襲った大雨は、1時間の雨量で6月の過去最多を更新した。熊本県では、豪雨により河川が氾濫し、ハウスの倒壊や田植え直前の田んぼに土砂が流入するなど大きな被害が出た。震災からの復興道半ばで、豪雨被害が追い打ちをかけた形だが、農業現場の落胆は大きい。

 このような気候変動による農業への影響が懸念されているなか、さらに安定した食糧供給システムを構築するための手段として農業 のIT化に期待が高まっている。

 近年では、ビッグデータ、ドローン、ロボットなど最新のテクノロジーを駆使した新しい農業が生まれているが、特にデータを活用した作業は様々な効果を発揮している。

 アメリカ航空宇宙局(NASA)の人工衛星であるランドサット(Landsat)は、撮影した上空の画像を受信して地球表面を観測。環境データを提供する。このような技術は、とりわけ発展途上国における圃場整備などへの応用が期待されている。というのも、発展途上国の政府および銀行は、農家への緊急援助や融資を決定する際の判断材料となるデータが圧倒的に乏しいという問題を抱えているが、その解決につながる可能性がある。

 例えば、インドで干ばつが発生した際、地域によって被害の程度が異なるというのは想像に難くない。しかし、同じ地域内でも農家ごとに被害が異なってくると、災害の全体像を把握するのは難しく、対応も複雑になる。

 ただ上に挙げたような技術を利用すれば、自然災害に備えるのはもちろんのこと、万が一の災害時にも、被害状況を早急に把握することができ、地域ごとの比較・分析も可能となる。結果、銀行や政府が適切な資金を農家に与えられるということにつながる。現に、ミシガン州を拠点とするベンチャー企業 ファームログス(FarmLogs)社は、衛星画像、気象データ、IoT デバイスなど様々なデータを基に、作物の成長や健康状態、土壌の栄養状態、収穫量の予想など様々な情報を農家に提供するサービスを始めている。

1 2 3