米政府が世界初認可、ヤマハ発動機の無人機(ドローン)開発秘話

米政府が世界初認可、ヤマハ発動機の無人機(ドローン)開発秘話

Written by 河鐘基

Posted date:2015.11.19

 

 日本のドローンの歴史を語る上で欠かせない企業がある。二輪メーカーとして有名なヤマハ発動機である。ヤマハ発動機は、1983年から商業用の農業用小型無人飛行機の研究に着手。30年近く開発を続けてきた企業であり、同分野の世界市場においてトップの実績と技術を誇っている。

 2015年5月5日、そのヤマハ発動機の技術が世界を驚かせた。

 米連邦航空局(FAA)が、ヤマハ発動機が開発した農薬散布用小型無人飛行機「RMAX」に対し、『sectoin333』を適用したのだ。この『sectoin333』の正式な表題は「SPECIAL RULES FOR CERTAIN UNMANNED AIRCRAFT SYSTEMS」。すなわち無人機運用における米航空法の例外措置を定めたものだ。また米国内における無人機の商用利用にあたり、機体の安全性や性能、合法性を保証するガイドラインという性格がある。分かりやすく言えば、米国で無人機を商用利用して良いという正式な認可である。

 2015年5月28日現在、『sectoin333』は455の申請に対して適用されているが、農薬散布用小型無人飛行機として適用が決まったのは、今回がはじめてだという。これは、ヤマハ製の機体が米国の厳しい審査を通過し、世界のドローンに先駆けて、農業分野における小型無人飛行機の実用化の道を開いたことを意味する。 今回のFAAの決定には、米国のドローン関係者も大きな期待を寄せている。

 ヤマハ発動機の認可を後押ししてきた米国際無人機協会(AUVSI)代表のブライアン・ウィン氏は、米メディアに向け「今回のFAAの適用は、無人機が米国の産業にもたらすであろう利益を気付かせる上で重要な一歩になる」と指摘。今後、「農業分野における、無人機の潜在力に注目が集まるだろう」ともコメントを残した。米国初認可となったヤマハの農薬散布無人飛行機。その開発の裏側には、どのようなストーリーがあったのだろうか。その歴史と困難、海外への普及事情や、今後の見通しなどを含め、開発担当者に直接聞いてみることにした。

1 2 3 4 5 6